2016.7.11~ http://coldmountainstudy.naganoblog.jp/

それ以前の過去記事はアメブロでご覧ください。   http://ameblo.jp/coldmountainstudy/

coldmountainstudy ~ BOOKSTORE みなみあいき

dancyu~カレーの夏。 (水, 08 7月 2020)
これまた恒例!の夏のスパイスカレー特集ですね。 今号は過去のベストレシピ集・・・的な面もあったのでやはり読んでしまいます。 欲を言えば何年前だったかなぁ・・・マキタスポーツさんの一般的なルーを使ったレシピがあった。アレもう一度見たかったなぁ。 食べる肉と味を出す肉の区別。ジャガイモのゆで汁もいい出汁が出てる・・・もう一度作りたいなぁ。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

【「山奥ニート」やってます。】 (Sun, 05 Jul 2020)
本に関するボクの記事というのはどちらかというと「これから読む期待の本!」みたいなのが多かったのですが。 「これは!」と思う読後感の本についてはnoteにメモを残していくことにしますねー。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/na3b3a5c80919
>> 続きを読む

【仕入れ状況等。】 (Sun, 05 Jul 2020)
思ったほど天候の悪くなかった南相木村の日曜。 途中強烈な日差し、いい風。嬉しいお客さんも。 ボクが本屋を始めるキッカケのひとつでもあるmountain bookcaseさんも来てくれて。 テイクフリー/閲覧のみとありますがフリーペーパー類も充実してきました。 その他最近の仕入れの一例を。 蔵書の傾向をなんとなくでも、イメージしていただければ。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

松本の本。 (Fri, 03 Jul 2020)
松本の古本喫茶「想雲堂」さんが中心となって発行している松本の街をテーマとしたZINE「松本の本」。 https://www.facebook.com/soundomatsumoto/ 今回は佐久の平安堂にも入荷する・・・と知って、仕入れも兼ねて出かけてきました。 佐久で「松本の本」が買えるのがおかしくって、嬉しくて。 創刊号は昨年の「まつもと一箱古本市」の際に入手。コレがなかなかディープに面白い。 今号は”映画と街”をメインテーマに。早速パラパラやってますが読めそうですなぁ、今号も。創刊号と併せてライブラリー蔵書とします。 その他仕入れもナカナカの成果。 明日7/4は「塩尻音盤館」参加のためライブラリー対応は終日お休みとなります。 帰路いくつか愉しい寄り道を考えつつ。 そうそう、まちライブラリーのcold'sのページの写真も更新しました。ライブラリー完成ヴァージョンに。 https://machi-library.org/where/detail/5869/ これからまちライブラリー関連もいろいろ面白い話が進んでいきそう。 静かに忙しい日々は続きそうです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

【coldmountainstudy・ひっそり】 (Wed, 01 Jul 2020)
今日からひっそりと始動です。 大体オープン日にいろいろ必要なものが届きだす時点でオカシイ。(笑) まちライブラリー通信にも取り上げていただきました。 https://machi-library.org/what/detail/3220/ 提唱者・磯井さんのメッセージと併せてお読みいただければ。 「みなみあいき冒険プロジェクト」の今夏のチラシも。 こんなウチでよろしければ配布・販売もお手伝いいたしますよ。 追記:先日の記事とほぼ同一ですがHPにもライブラリーの項目を設けました。 https://www.coldmountainstudy.com/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC/ http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

オープン前。 (Mon, 29 Jun 2020)
7/1を一応のオープン日と定め準備してきましたが、現時点で出来る限りの準備は済みました。 椅子・テーブル・・・まだまだ備えのない立ち読み専用のライブラリーのような格好ですがとりあえずスタートしたいと思います。 カタチとしては”予約制”です。 messengerかGmailで連絡をください。もちろん近しい関係・距離の方は携帯電話・村内電話なんかもアリですがトリゴエは軽く評判悪いほど電話に出ません。(笑) 予約ってほど実際は堅苦しくなくウチの都合とのすり合わせという感じになります。あとはほかのお客さんとのバッティングOKかどうか、とか。 (偶然の出逢いを考えるとOKのがそりゃ愉しいですよね。もちろん無理強いではないです。本は一人で愉しみたいものでもある。) 実際は週末中心、平日なら午前か夕方のごく短い時間中心の対応になると思います。 ライブラリー部の本は大半貸し出しOK、ストア部の本は挟まっているスリップの価格で販売、と。 大事なのは。 ”例の騒ぎ”中心とする対応。 coldmountainstudyでは、もちろんアルコールの設置や予備のマスクの準備などの備えはしますが基本は「みなさまの良識と常識にお任せする」という形を敢えて取らせていただこうと思います。 ”注意事項の箇条書き”に少しうんざりしている・・・というのもあります。子供扱いすぎませんか?と。 体調が悪い日に無理に出歩かない。 咳が出るときはそれなりの対処をする。 手指を清潔に保つ。 これらは”騒ぎ”が起きる前からの常識だろう?という考えです。 cold'sの本は全て仕入後一度はアルコール処理済みですし、ライブラリー&ストア部以外の家屋部も清潔に関する意識は低くはないと考えています。 もとより混雑や人と密着せざるを得ない状況など願い下げ。 そりゃあ「ちょっとそれどうなの?」は声に出して言わせていただくこともあると思います。が基本は、”良識路線”で行きたい。 行きたいのですよ。 健全な今後のためにも。 早くも”スペース貸し”的な希望の声をいただいたり、また「まちライブラリー通信」次回にも取りあげていただくこととなったりしているワケですが。 https://machi-library.org/ であれば尚更子供じみたことはしたくない。 理想論であってもそれが今後のいい流れを作る第一歩だと考える店主なのです。 いよいよ愉しみですよ。ホント。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

新入荷! (Tue, 23 Jun 2020)
偶然にも、ですがライブラリー開設直前になって矢口高雄関連が2冊、矢口高雄に多大なる影響を与えた手塚治虫が1冊・・・山と渓谷社から文庫化されました。 もちろんライブラリーで全て読めるようにします。 ・・・と言ってもボク自身「バチヘビ」以外すべて未読、まずは自分で愉しませていただきます。 「ニッポン博物誌」・・・これボク誤解をしていまして。 ずっと探してた矢口作品に「イワナの恩返し」という単行本がありました。 でもこれ、amazonをチェックするととんでもない値段がついている。 https://www.amazon.co.jp/dp/4062607425/?coliid=I1P9QH9NO7WOJE&colid=2ORWHKGF1JRE6&psc=0&ref_=lv_ov_lig_dp_it (2020.6.22 現在。) しかし内容はぜひともライブラリーに欲しいものだし、さてどうしたものか・・・と思っていたのですが、コレ元々はニッポン博物誌の中の一篇のタイトルだったんですね。 もちろん今回のヤマケイ文庫の中にも収録されている。これで全く問題ナシ。よかったです。 そして手塚治虫。 矢口にも「ボクの手塚治虫」という作品があるくらい、影響を受けている偉大な漫画家。(残念ながらまだウチのライブラリーには蔵書されていません。) 手塚治虫と山・・・というと少しテーマ的につながり辛い感じも。しかし読んでみると舞台は確かに山寄も書かれているのは変わらず”生”についての物語、問いかけ。 これもやや強引ですが矢口文庫の蔵書としましょう。 愉しめます。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

塩尻音盤館・6/21 (Sun, 21 Jun 2020)
本と音楽。 他所と塩尻。 本屋と、塩尻。 本屋と本屋。 こういう場所を欲しがっている・面白がってくれる・必要としてくれる人はやはり少なくないのだな、と改めて感じた今日でした。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

久々に本屋的上田! (Fri, 19 Jun 2020)
仕入れメインに久々の本屋的上田行きをざっくりまとめてみました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/na59d2cfcf995
>> 続きを読む

BRUTUS 918 &・・・! (Thu, 18 Jun 2020)
次の「dancyu」はカレーだ!・・・なんて言ってたらBRUTUSもカレーでした! 前号のPOPEYEもそうですが”マガジンハウスならではの食べ物特集”はとてもいい。他にない、ってヤツです。 隣のヤツは釣り雑誌。長年購読・・・ライブラリーでは創刊号から読めますよ・・・していますが他の釣り雑誌と一線を画す”読み物感”がとてもいいです。 釣りに行きたいですね。 先週からまた週末は雨、のリズムが帰ってきてしまいました。 今週はどうかな? 行ければ土曜日にでも、川に出よう。 それができなければライブラリー&ストアの準備の週末、です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

引っ越しについて思うところ。 (Tue, 16 Jun 2020)
先日の引っ越し作業開始から思うところ、です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n93149627acb0
>> 続きを読む

引っ越し開始! (Sun, 14 Jun 2020)
ちょっと本を並べ始めました。 が。 や、これ愉しいけどホネ折れますなぁ。おもつらい。まんじゅうこわい。(これは違うな。) それでも大判本、三平関連中心に。 今もちょっとやっちゃったんだが・・・やはりチト間があくとやりたくなるのが棚づくり。昨日休んどいてよかった。 コンセプト考えながら本並べるの、超愉しい。 次回からは本格的に本だけに集中だな。 本、重いからとても疲れるんだけどな。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

6月の書棚から。 ② ~ 角川・ちくま (Sun, 14 Jun 2020)
今月は結構文庫の新刊発売が忙しいですね。 角川から2冊。 注目していたのは「縄文ZINE」の編集長・望月昭秀さんの単行本が文庫化されること。 内容が面白いことは知っていたのですが、文庫化されるとは思っていなかったので驚きの即・購入。 いい感じですよ。縄文の目線・背景から現代人の悩みをみる。思わぬ気付きがあったりします。 もう一冊同じようなパターンは小倉ヒラクさんの発酵もの。これも文庫化とは意外。 こんなことわざわざ書くのもなんなんですがどうも角川というのは苦手な版元で。たくさん出すのはいいけど一冊一冊、残す気はあるのかな?そもそも思い入れあるのかな?・・・なんて思うことが時々。 だからこそ出たらすぐ買っておこう、なのですが発刊点数がやたら多くチェックしづらいというのも。 うん。 苦手だなぁ。 立花隆さんは購入を迷っていましたが実物をパラパラやるとやはり面白うそう。購入に至った次第。 そう。 今回は久々にリアル書店での買い物。 やはり利便性と品ぞろえに劣るといっても、いいですね。棚にダダーっと本が並んでいるのは。 たまには外をのぞかねば、ダメです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

dancyu~9年目の肉特集。 (Thu, 11 Jun 2020)
毎年恒例の肉特集。 今年は少し早いかな? 過去であれば7月か9月が多いのだけれど。 今号も「おっ!」ってぇのがいくつも。 単純に肉が好きだから・・・だけでなく、ちゃんといいレシピ・いい店多いから毎年買います。 次号はカレー&スパイス特集、第二特集が「呑みに行こう!」。 これもきっと読んじゃうなぁ。 特集も夏へ、ですね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

塩尻・音盤館・WeekendBookstore。 (Mon, 08 Jun 2020)
noteでまとめてみました。 是非ご覧下さい。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nf5e19e38b0e5
>> 続きを読む

追加到着! (Sun, 07 Jun 2020)
またまた「矢口文庫」に強力な在庫が加わりました。 村の温泉施設に三平くんのフィギュアを”作っちゃった”方から譲り受けたもの。多謝! 一つは額装用ポスター集と「釣りキチ三平」第一話の複製原画のセット。 もう一つが1冊でテーマ別に4つのエピソードや矢口先生とゲストとの対談、オリジナルイラスト等が愉しめる「釣りキチ三平CLASSIC」のそれこそ膨大なコレクション。(ほぼ全冊?) いずれも常時展示は難しいかもしれませんが、非常に魅力的な在庫です。 ※カテゴリ「ライブラリー関連」を追加しました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

塩尻音盤館! (Sat, 06 Jun 2020)
塩尻、とてもいい図書館としての在り方「えんぱーく」。 その斜向かいに今日ひっそりとはじまったレコードの聴ける本屋「塩尻音盤館」。 松本・塩尻方面の”一箱古本市”で繋がった本屋さんが数人で一つの店の本棚を、共同で作り上げています。 この棚はあの本屋さん、下の段はこの本屋さん・・・って感じで。 春先に浮かんできたプロジェクトなのですが”例の騒ぎ”でようやく今月プレオープン、来月から本格始動と相成りました。 その名の通り週末だけ開く、本屋さん。 早速おむかいさんのcafe、そしてもちろん塩尻で本と言えば「えんぱーく」ともご挨拶、つながりを得て。(この感覚、本当に久しぶりです。) しかし。 ということはcold'sのライブラリー・プロジェクトと全く同時。 そりゃ忙しくも、なるわけです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

6月の書棚から。  (Thu, 04 Jun 2020)
いけないいけない。 最近ライブラリーの話ばかりで本の紹介がとんでいましたね。 少な目ではありますが最近の文庫・新書ピックアップを。 太田和彦はもはや説明不要の・・・です。 2か月続けて同じような本が文庫化されたわけですが、やはり読んでしまう。 あ、この店の話読んだな・・・と思いながら愉しく読んでしまう。(笑) そんな貴重な定番の書き手さんです。 城アラキはマンガ「ソムリエ」「バーテンダー」の原作者さんですね。 パラパラやってみると・・・うーん!バー、酒場への愛が詰まっている感じですね! 知識として知っている話でも愉しめる。そんな感じ。それは太田さんも共通していますね。 こんなご時世・・・でなくても酒場で酒を呑む機会はめっきり減ってしまいましたが、やはり憧れますね。 外で呑むことに。 藤原和彦は初見。 ジツはこういう”読書をすることのメリットとは”みたいな本で、面白いものに出逢ったことってあまりなくて。 多少の期待を込めて。 さて。 今月以降の新刊予定をチェックしてみたのですがヤマケイ文庫の矢口高雄除き本格的に食指を動かされそうな本が少ない。 これはいよいよ仕入れも含めてライブラリー関連に偏っていくかな・・・?なんて6月の始まりです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

村と三平をつなぐもの。 (Mon, 01 Jun 2020)
完成を宣言したらいきなりステキ過ぎるお祝いをいただいてしまった! 何でも言ってみるものだな。(笑) ”あの日”のサイン入り。 これはハダカで飾るのはもったいない。フレームに入れるようだな。 多謝! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

一応、完成! (Sun, 31 May 2020)
今までお伝えしてきた自宅の一部でライブラリ&ブックストア計画。 ”入れ物”の方は、一応今日で完成しました! あとは本の準備を中心に、7/1オープンまであとひと月。あと一息。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nfaf6e22a42d6
>> 続きを読む