2016.7.11~ http://coldmountainstudy.naganoblog.jp/

それ以前の過去記事はアメブロでご覧ください。   http://ameblo.jp/coldmountainstudy/

coldmountainstudy ~ BOOKSTORE みなみあいき

富士日記。 (火, 22 10月 2019)
中公文庫から出た「富士日記を読む」。 コレが面白い。 武田百合子の山荘滞在記。 一冊の・・・しかも日記・・・に関してこれだけのエッセイ・書評が集まるってそれだけでスゴい感じがします。 オレも「富士日記」は大好きで、東御にあるブックカフェに行くと必ず「富士日記」だけを読みふけります。 そのカフェに続く、千曲川に架かる橋も先日の台風で崩落。 更に近くの川沿いのアプローチも道幅半分くらい流されてしまったそう。 しかし別のアプローチは無事。あの美しい街並みもノーダメージで健在だそうです。 もちろんカフェも通常営業中とか。 是非、この機会に訪れてみてください。 信州は今日も強い雨。 もちろんどうか、お気をつけて。 東御・海野宿「古本カフェ のらっぽ」 https://twitter.com/fukagawafura?lang=ja http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

ここから。マルシェ&mountain bookcase! (Sun, 20 Oct 2019)
今日は空いた時間に佐久平で開催されていた「ここから。マルシェ」へ。 https://kokomaru39.com/ 本屋さんでは上田の「コトバヤ」さんが出店されています。 https://www.facebook.com/kotobaya.net/ 絵本に強い本屋さん・・・イヴェントの性質と相まって大変賑わっていましたよ。 いや、自分が出店しないイヴェントに遊びに行くって本当に久しぶり。 そして自分が出店していると案外周囲の店って行くことができない。久々に自由な格好で参加したイヴェントはいろいろと新しい気付きがありましたよ。 活かしていきたいものです。 尚、このイヴェントは被災地支援チャリティ・イヴェントでもあります。 午後。 今度はお隣山梨県、韮崎・アメリカヤの「mountain bookcase」さんに。 https://www.facebook.com/mountainbookcase/ 思うところあって御土産を持ってお邪魔したのですが、逆に退屈する息子にステキなお土産をいただいてしまったり。 結果として人と逢って、話をすることで自らが再生に向かう。 そんな週末になりました。 大事なのは、ヒトのそんな力なんですよね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

10/14小海リエックス「みんなの収穫祭」で本をお買い上げいただいたみなさまへ。 (Sat, 19 Oct 2019)
台風19号で被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 いろいろ考えた結果、売り上げの半分は長野県を通じ台風19号被災義援金とさせていただくことにしました。 本屋としてできること、のひとつとして。 本を通じてみなさまの力が、必要なところに届きますように。 ※長野県「令和元年台風第19号災害義援金」詳細は以下のリンクより。 https://www.pref.nagano.lg.jp/kaikei/happyou/191016press.html http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書棚から。 2019.10. ①  (Wed, 16 Oct 2019)
台風のこともあって。 昨日は久々に新刊書店に寄れました。 その時の収穫物を。 角田光代「中年体育」・・・やっと文庫化されましたね。 大好きなんです。コレ。 雑誌「number」の連載をまとめてヤツなんですが、まるっきりの運動音痴(角田)がフルマラソン走破、さらにその先へ・・・な体験記が角田の軽妙かつ丁寧な文章で語られていきます。 もちろんウチの棚にも。 しかし売れないんですねぇ。何故か。 そしたらある人が「みんな自分を中年って認めたくないんじゃない?」って。 ・・・そうか。(笑)下手にオススメも出来ないってワケですね。 でも本当に面白い。ゼヒ、手に取ってみてください。 雑誌2題はオレ的定番ってヤツですね。 BRUTUSの本屋特集は調べてみるとナント8年ぶり! その間にいろんな本屋さんができて、消えて。 ここら的には東御の「問 tou」さんに少し離れていますが高崎の「REBEL BOOKS」さんですかね。ともにとてもいい本屋さんです。 いつかの旅先で訪れたい本屋さんもいくつか見つけましたよ。 「鱒の森」・・・今日、とあるエリアの川を少し見て歩きました。 やはり不謹慎かもしれませんが気になるんです。川の状態。 少し水が減って見えてきたものは、改めて川の威力を感じさせるものばかり。 川への思いはまた改めて、書きますね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

みんなの収穫祭! (Mon, 14 Oct 2019)
あいにくのお天気・・・というヤツでしたがそれでも客足途絶えず。 フード&生産者の出店はとにかく強力でいろんなもの食べて、お土産も仕入れましたがそれでも手が届ききらず。 出店者同士、またもちろんお客さん・・・いろんな方と、いろんな話ができてとてもエネルギーを貰えました。 こちらも本と、オレのバカな話を通じてエネルギー発信できていればいいのだけれど。 疲れを忘れる、いい一日でした。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

今日は小海リエックス「みんなの収穫祭」! (Mon, 14 Oct 2019)
coldmountainstudy・・・台風の被害直撃エリアですがオレも家族も家も本も幸い無事です。 ご心配おかけしました! そして、動ける人は動かねばならない!・・・と本日はお隣小海町はリエックス・ホテル「みんなの収穫祭」に家族で出店してまいります。 http://www.reex.co.jp/KOUMI/HOTEL/event/191014.jpg 本来なら「絶対に来てくださいね!」とか言いたいところですがこういう状況、わが寒村は何か所が路肩が崩落しているような路面。 どうか、無理なく。 しかし来ていただいた方にはいい出会いのあるよう気合を入れて選書しました。 今日もたくさんの人に”いい本”が届きますよう。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

台風19号。 (Sat, 12 Oct 2019)
いよいよ近づいてきましたね。 ここ寒村もひっきりなしに雨音。 この先どうなるかちょっと想像がつかないですね。そうなると余計なこともできない。 どのみちかなり多くの施設・イベントが休止。 ちょうど読みたい本・読み返したい本たくさんあるし。 すべきことを早めに済ませ本の海の底へ沈むことにします。 みなさまご無事で。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

信毎メディアガーデンにて。 (Wed, 09 Oct 2019)
先日の信毎メディアガーデン「ほんまちBOOKGARDEN」で。 大体本のイヴェントというのは販売する以上に仕入れが愉しかったりするのですが。 (イヴェントによっては売上を購入額が上回ることもあったり。 笑) 今回も例にもれず何冊か仕入れてきたわけです。 その中でも特に際立っていたのが信毎出版社のブース。(御本尊!) 新古¥500コーナーから、2冊。 千曲川のほうは少し古い著作ですが全く問題ナシ。オレのような川フェチにはたまらないタイプのヤツです。 そして山歩きのほう。これ大人気のヤツですやん。 表紙に少し日焼けを感じるかな?でも全然問題ナシ。 自身愉しむとともにライブラリの蔵書として、みなさまにも読んでいただけるようにします。 いやこれ、おトクだった。 出来れば佐久地方でも出来ないものだろうか・・・。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

信毎メディアガーデン・ほんまちBOOKGARDEN! (Sat, 05 Oct 2019)
いってきました、松本。 大分道にも慣れてわが寒村から2時間少しというところか。 それにしてもいい天気、屋外イヴェント日和。 たくさんの人・本・・・様々なアイディア。 松本、やはりいい街です。 そして本・・・まだまだ可能性を感じます。 いいイヴェントでした! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

pen&dancyu! (Fri, 04 Oct 2019)
美味そうな2冊が出てたので、リアクションバイト×2。 ウイスキーものは・・・もうね、知ってることばかりでも美味そうだから読む。(笑) それでもやはりスモール・ディスティラリ中心に新しい情報は知らないこともたくさんですね。 dancyuは発酵特集。 発酵食品、スゴい勢いで注目されてますよね。レーダー敏感なdancyuが反応しないわけがない。 ジツは個人的にキツめの発酵は苦手なのですがそれでもヤバそうなのがたくさん。 「酒呑みと発酵」の特集は、格別・・・。(笑) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

選書作業中。 (Thu, 03 Oct 2019)
今週末からのイヴェント出店用選書作業中です。 当然、途中チョイ読みしちゃったりするので全然進みません。(笑) それでも早速今日から始まった信毎メディアガーデン「ほんまちBOOKGARDEN」の写真なんかUPされてきていて、こちらも気分高まります。 (colodmountainstudyは5日土曜のみの出店です。) https://www.shinmai-mediagarden.jp/event/1781.html 10/14小海リエックスホテル「みんなの収穫祭」の選書・・・”食”・・・の方がテーマが絞られている分、先に進んでしまったり。 http://www.reex.co.jp/KOUMI/HOTEL/event/191014.jpg さて、土曜日は”秋”だからな。どんな感じにするかな。 いい本そろえていきますよ。いずれ。 読書の秋、ですからね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

ランチ酒。 (Sun, 29 Sep 2019)
前からなんか気になってた本を読んでみました。 酒とメシがカギ・・・ってところ以外は凡そ読みそうにない本。 ナカナカ面白かったんですね。それが。 よくある設定といえばよくある設定の主人公。 あるようでなさそうなファンタジックな仕事。 リアルの象徴としての、徹夜明けの酒とメシ。(実際登場するお店は名は伏せられていますが全て実在みたいです。) 話の流れはそう、意外性はない。でも描写がいいから陳腐な話に終わらない。 主人公の酒・・・ただの昼酒ではなく、時間はずれているけれどフツーに仕事明けのイッパイなワケですね。 酒呑み的にはそのズレの感じがとてもいい。そのフィルターを通過するからこそすべての食事シーンが輝いてくる。 朝から働いて、夜イッパイ呑って・・・とは違う輝き。 結果、どのシーンも全体の流れもすごく魅力的。 いい本です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

ブナの時間 (Wed, 25 Sep 2019)
縁あって入手しました。 池田雅子 「ブナの時間」 (百年書房) 長野県の誇るブナの森、木島平村・カヤの平での”再生”をベースとする言葉とお話。 なるほど、サブタイトルの”森のガイドのフィールドノート”の言葉そのままにブナの森に関する知識もイラストもいいですねぇ。 しかし、本作のキモは”あとがき”にあると見ます。ここがまさに”再生”の物語。 著者は佐久在住の森林セラピスト。 佐久に素晴らしい書き手の方がいらっしゃるのも嬉しいし、森の、川の・・・そう、最初のきっかけは渓流釣りなのです・・・力を感じられるのも嬉しい。 森と人間の力がリンクした、いい一冊。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

nabo・再び! (Mon, 23 Sep 2019)
今月一杯で一旦閉店となる上田「nabo」・・・最後に、と行ったばかりですが先日突如「ありがとうSALE」の発表が! https://www.facebook.com/nabobookscafe/photos/a.834315039922796/2536225153065101/?type=3&theater コレはぜひ行きたい!と機会を窺っていましたが無事連休最終日である今日、家族で行くことができました。 やはり本好きの方で賑わってましたねー。 2軒隣の「valuebookslabo」も併せて(こちらは息子中心)いろいろイイ本手に入りましたが、目玉はやはりこれですかね。 小学生の頃、釣りを覚えた本。その頃住んでた町の、図書館で。 これ、今まで読んできた川釣りの入門書の中で一番わかりやすい、感じのいい・・・とてもいい本です。 今までウチで仕入れるには高いかな?なんて(ウン百円なんですが。 笑)30%オフはこういう時に効きますね。思い切りってヤツです。   コレはライブラリ蔵書としてみんなに読んでもらいたいですね。 親も子も、是非とも。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

【10/5 信毎メディアガーデン!】 (Sat, 21 Sep 2019)
10/5、松本市街の信毎メディアガーデンで出店のお声がけいただきました。 https://www.shinmai-mediagarden.jp/event/1781.html おっ、バリューブックスのBOOKBUSと一緒に出店ですね。 会期は3日間ありますがcoldmountainstudyは10/5のみの出店となります。 いやぁ、昨夏はじめて訪れてとても印象のよかったキレイなビル・・・で本屋出来るなんて。そうそう、御嶽海優勝の号外貰いに入ったんだった。 もちろんA&FやMARKTでの買い物も。 愉しみです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

みんなの収穫祭! (Tue, 17 Sep 2019)
10/14小海リエックス・ホテル「みんなの収穫祭」に出店します。 佐久の農と食のフリーマガジン・patapata主催のイヴェント・・・本当に地域を代表する強力な料理・生産者がたっくさん。 coldmountainstudyも目いっぱい美味そうな本を並べてお待ちしています。 当日はpatapataのバックナンバーもcold'sで展示・配布します。 食欲の秋も、読書の秋も。 いい秋の一日になりますよ。きっと。 https://www.facebook.com/events/375483196675094/ http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

高遠ブックフェス! (Mon, 16 Sep 2019)
昨年は行けず、2年ぶり。 行ってきました、高遠。 残念ながら本のイヴェントとしての規模は少し小さくなってしまったように感じました。 それでもまち歩きする人は多かったし自分と同じ無店舗書店から、ゲストハウス内に間借りして店舗を開いた本屋仲間にも逢えて。 気持ちのいいドライブも含め、愉しい一日になりました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書棚から。 2019.9. 文庫・新書不調? (Sun, 15 Sep 2019)
ふと気づくと。 来月も含め文庫・新書の新刊不調ですね。 (あくまでオレにとっては。) これはイカンなぁ・・・となんとか絞り出して、4冊。 椎名誠・・・コレは対談相手が目黒考二で、初期の作品に関してだったから読めたかな。 古い友人同士、特に目黒はつまらないものをハッキリつまらないというので(笑)懐かしくも愉しく、読めました。 アフリカで食べる・寝る・・・の松本仁一ももう結構な高齢。 かつてのようなルポはもう…と思ったらコレがなかなか。 目も、ココロも、ペンも死んでいません。 深緑野分。 この人ナカナカ上手いですね。 モチーフも好き。 大昔「コンバット!」ってTVドラマがあったと思うのですが、自分にとってそこでの印象的なシーンも何故か「野戦中の食事」。(笑) 実際はコックというより衛生兵か何かだったのだろうけど。「コンバット!」自体戦争モノ、というより戦場の人間ドラマ・・・という感じでしたね。 そして今回、個人的メダマ。 史上最悪のカミーノ旅行記と言われる「カミーノ!」のもりともこ。(注:当時は漢字で森知子。) この「カミーノ!」も若干言葉遣いが悪く、個人的な事情が前面に出ているというだけのハナシであって、オレは決して嫌いじゃなかった。 今回の安宿巡礼は基本路線はブレずにグッと上達した感じ。いい成長、ってヤツですかね。エラソーに言えば。 不調の中のいい4冊。大事にします。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

【八木書店アウトレット専門店PAGES!】 (Wed, 11 Sep 2019)
なんと11/1、軽井沢プリンスショッピングプラザ内にアウトレット専門書店が登場です。 https://job-gear.net/booksyagi2/A90729155600/MDkyujin_d.htm いずれ軽井沢に本屋が増えるのは嬉しい事ですね。 買い物に倦んだ時の居場所にも。(笑) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

仕入れの日々。 (Tue, 10 Sep 2019)
幸い、秋になっても絶えずイヴェント出店のお声がけをいただいて。 こちらとしても気合を入れて臨まんと!と、本屋らしく仕入れの日々。 国道18号沿い中心に、千曲市から軽井沢まで。 今月一杯で一旦閉店となってしまう上田「nabo」にももちろん! しばしのお別れ!・・・とたっぷり仕入れ。 なかなかいい本が補強できたかな。 秋から冬のイヴェント会場でお逢いできるのを愉しみにしています。 ●9/9・9/10 入荷分 (すべて販売予定。) こうの史代 「日の鳥」 (日本文芸社) 土屋守 「イギリス・カントリー紀行」 (東京書籍) 伊藤まさこ 「ちびちびごくごく お酒の話」 (PHP研究所) 近藤雄生 「遊牧夫婦」      「終わりなき旅の終わり」  (ミシマ社) 梶井照陰 「限界集落」 (フォイル) 山崎亮 「地域ごはん日記」 (パイインターナショナル) 三浦雅之・陽子 「家族野菜を未来につなぐ」 (学芸出版社) 追川尚子 「食の職」 (ブルース・インターアクションズ) 内澤旬子 「内澤旬子のこの人を見よ」 (小学館) 三浦展 「吉祥寺スタイル」 (文芸春秋) 宮崎勲 「最後はなぜかうまくいくイタリア人」 (日本経済新聞出版社) 原田ひ香 「ランチ酒」 (祥伝社) 結城登美雄 「東北を歩く」 (新宿書房) 辻信一 「ハチドリのひとしずく」 (光文社) F.フォーサイス 「アウトサイダー 陰謀の中の人生」 (KADOKAWA)   http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

さぁ!

選挙ですね。早速投票を済ませてきましたよ。

あとはスッキリと、古本屋巡りです。

0 コメント

天気のいい日は・・・。

大分蒸し暑くなってきましたね。しかしここ高原、日蔭はとても快適。

ワタシもウッドデッキにデッキチェアと本を持ち出して、読書です。

ヴィレッジバンガード・・・とても参考・刺激になります。

当地のような地方では小さな本屋より余程面白い本が揃っていたりしますね。

さ。そのヴィレッジバンガード、久々にのぞきに行ってくるかな。

0 コメント

待望。

前からラインナップに加えたかった好著、ようやく入荷しました。

ブースは特に人気ですよねー!

0 コメント

本は本屋。

ジツは先週、チョイとしたケガをしてしまいまして。

動き回る訳にもいかない今週末、買い物や家の片づけくらいで大人しく過ごすつもりだったんですがそこはそこ、本は本屋。

買い物ついでに立ち寄った書店で興味深い2冊など。

「越後三面山人記」コレはスゴい!山形・新潟県境にかつて存在した三面川流域の山村の四季・暮らし。失われてしまった集落の暮らしだからこそ感じる凄味と寂寥感。


梨木香歩の「エストニア紀行」は完全に興味本位。人気女流作家、何故エストニアなど小国を選んだか?そこから。

ちなみに女史の代表作「西の魔女が死んだ」映画版のロケ地は近隣・清里なので親近感が・・・ないことはないのですが、撮影スタッフの態度が最悪だったので大嫌いです。(笑)


あとは何と言っても!・・・これは帰宅したら勝手に届いていたのですが(笑)・・・Patagoniaのカタログ最新版。今回はフィッシング特集なので冒頭のドラドからどこを切ってもドキドキです。


相棒は「つまんなーい」って言ってましたけどね。(笑)

0 コメント

快調・しかし難しい・・・。

今日は佐久・小諸方面で仕入れ。

快調に面白い本が充実していきます・・・が、仕入れはやはり難しいですねー。

自分が欲しいもの何でも買えばいいワケでもないし、買うにもタイミングがあるし。

なんて、仕入れが快調だった日だからこそこうして振り返る余裕もあるのですけれどね。(笑)

8月には仲間のイヴェントに出店します。詳細はまた改めてお知らせしますね。

0 コメント