2016.7.11~ http://coldmountainstudy.naganoblog.jp/

それ以前の過去記事はアメブロでご覧ください。   http://ameblo.jp/coldmountainstudy/

coldmountainstudy ~ BOOKSTORE みなみあいき

春告本。 (土, 22 1月 2022)
今年も待っていた雑誌が出ました。 正確に言うと心待ちにしてたわけではないのに、発売の報を聞くと「おっ!」となる。 毎年訪れる、あるタイミング。 信州の長い冬の只中、意識が釣りに戻ってくる頃合い。 それが毎年恒例、つり人社の「渓流 春」号の発売ですね。1月下旬くらい。 自分にとっては確実に春を告げる指標のひとつ。この雑誌、春と夏の2号毎年出るのですが圧倒的に春です。夏は目を通すことはあれど買ったことは一度もないかな? 釣りシーズンがオフになってしばらく・・・まだ釣りの事を意識するのは早いのかな・・・なんて絶妙のタイミングで出るのがとてもいい。 今年もまんまと踊らされたという訳です。特集がルアーにテンカラというのがまたとてもいいですねぇ。 あ、でもなぁ。 本家「月刊 つり人」の今月号も渓流ルアー特集だし。 https://tsuribito.co.jp/%e3%80%8e%e3%81%a4%e3%82%8a%e4%ba%ba2022%e5%b9%b43%e6%9c%88%e5%8f%b7%e3%80%8f1%e6%9c%8825%e6%97%a5%e7%99%ba%e5%a3%b2/ 「Gijie」の今号の特集も非常に興味深いのだよなぁ。 https://geibunsha.co.jp/fishing/31167.html こういう歴史系は魅かれるなぁ。 歴史は基本弱い・・・苦手なのだけれどルアーフィッシングの比較的短い、自分に近しいものなので自分事としてとらえられるんですかね。 もう一冊。 これも是非釣りシーズン開幕前に読んでおきたい。 このシーズンオフ、妙に千曲川の水量が少ない。 思い当たるフシ、憶測はいくつもあるのですが。 現実としてこんなことがあった、それを覚えておきたい。 何かがあった時、何かが言えるように。 そうそうもうひとつ。 来るべき日に備えて・・・次の熊野古道歩きに備えて関西版のツーリングマップを新調しました。 次はクルマで行ってピンポイントを訪れる旅になる予定なので。必要でしょう。 地図は愉しい。できればスクロール・・・じゃなく紙面で道のつながりを確認したい。そうすると地図は読み物として愉しい。 この昭文社のツーリングマップルは実際走って集めた小さなネタの集まりが愉しい。 前回の旅をベースに新しい情報をもってまた再訪するのたまらなくたのしみですね。 どんな春になろうと。 出来る準備をできるだけ、です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

先日の本屋による本屋のためのABD・・・。 (Fri, 21 Jan 2022)
主催者さんがイベントレポートを書いてくれました。 そう、本屋の世界はナカナカに広いんですね。 これからも勉強です。その勉強は結構好きです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mhk_ngn/n/n152ae433a9d8
>> 続きを読む

人生を変える一冊に出逢おうと思っていたのだ。 (Tue, 18 Jan 2022)
軽く昔話的に本とのかかわりを回想してみました。 うーん、自分探し。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nc2bb9aa6482a
>> 続きを読む

アクティブ・ブック・ダイアローグ! (Sun, 16 Jan 2022)
”例の影響”でいろいろ予定が変わってしまった今週末ですが、唯一オンラインだったこのイベントには参加できました。 「本屋による本屋のためのABD」 ABD・・・アクティブ・ブック・ダイアローグ。読書会の形態のひとつですね。 ひさしぶりの参加です。 本全編をいくつかのパートに分け、数人で読み繋ぎ全員の要約をもって一冊を読了とし、感想をシェアする・・・なるほど、じっくり余韻を味わうというより勉強のための本となると(しかも、参加者共通の)ナカナカ有効。 最初は「うーん、リアルのがいいなぁ。塩尻くらいならぜんぜん行くのになぁ。(寄り道込み。)」なんて思ってたんですが巡り巡って、オンラインだからこそ今日できたということになりました。 でも次はリアルがいいなぁ。(笑) でもやはり自分とはジャンルの違う新刊書店メインの話とはいえ、本屋の話を聞くのは愉しかったですね。同じく新刊書店で働くあのヒトだったらなんて言ったかなぁ・・・とか。同じ図書館でもあのヒトだったらどうかな・・・とか。 久々に濃密な本屋トークのひと時でした。 しばらくは通常通りの予約オープン、しかし2月はちょっとした”本屋遠征”も考えています。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

新駒さんへ。 (Thu, 13 Jan 2022)
仕事からの帰路、ぶらり佐久穂町の新駒書店さんにお邪魔しました。 今年初。 本屋的にも寂しかったり、悲しかったりする話題がチラホラあったのですがそんな時は本屋仲間に会って直接お話しするのが一番、とぶらり。 そうそう、これも残念。 https://hugme-marche.online/archives/1068 今年初の出店はお預けです。 しかしそんな時でも新駒さんは優しい場所でした。帰り道にぶらり立ち寄って、本の話ができる場所ってやはりとてもいい。 (ウチは帰路ぶらり立ち寄る・・・には少しキビしい場所です。 笑) もちろん寂しい話ばかりじゃない、少し先の明るい、愉しい話題もシェアして。 今日はこれまたいなくなってしまって寂しい加藤則芳さんを含む2冊を購入。 そうそう、加藤さんももちろん自分この晶文社の「就職しないで生きるには」シリーズ大好きなんです。 今年も新駒さんとまた愉しい事、出来るといいですね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

マガジンラック。 (Sun, 09 Jan 2022)
今日は穏やかですね。暖かい。 昨日は地区の”どんど焼き”で一日中忙しくしていたので、今日は静かな一日。 ウラヤマ歩きなど体を少し動かした後は店の整理などを。 すっかり増えてしまったフリーペーパーの類を整理するためにマガジンラックを設置。 その他友人が寄贈してくれた本などを整理。 店で過ごす時間が愉しいですね。 さ、そろそろ暖かいとは言ってもやはり1月。薪ストーブに火を入れましょう。 明日もお待ちしています。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

dancyu~挽き肉! (Thu, 06 Jan 2022)
新年初のdancyuは挽き肉特集ですね。 昨年は今までな感じの「肉特集」がなくて少し悲しい思いをしましたが(肉の焼き方についての別冊はありました。)挽き肉は嬉しいですね。 庶民ですんで。庶民の味方ですよね、挽き肉。 しかし面白いレシピがたくさんですねー。ミートボールだけですごいたくさん。果てはパテドカンパーニュから餃子まで・・・スープの取り方なんかも。 これはしばらく愉しめそうです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

佐久・本屋巡り。 (Wed, 05 Jan 2022)
今日は家族で佐久をブラブラ。 合間に何件か本屋さんへ。 佐久の”某量販店”では何冊か仕入れ。息子は目当てのマンガを大量仕入れ。 石川直樹は新装版、尚且つ新品同様の美品。若い人に読んで欲しい一冊です。 NACS-Jの自然観察ガイドブックは・・・懐かしいなぁ、進むべき道に迷っていた頃自然観察指導員も視野に入っていて。 公式テキスト取り寄せて勉強してみたりしていました。 先日noteの記事(12月のピックアップ)で取り上げた若林輝さんの「武蔵野発 川っぷち生きもの観察記」のような里川歩きにも役に立つテキストです。 「3万円ビジネス」は先日のライブラリーのお客さんがオリジナルの方を借りて行って、「実例集もあるんですよー。」なんて話していたらいきなりその実例集の美品を発見。迷わず仕入れです。 平安堂で目をつけていた新刊を。 「kotoba」は独学がテーマ。最近よく耳にするキーワードでもありますよね、独学。 養老さんは年始のTVを観ていたら気になって。ちなみに初の”壁シリーズ”です。(そして、最後・・・みたいですね。) 最後は大阪屋695でみんなで本眺めながらお茶でシメ。 本屋的にもいい一日。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

2022・今年もよろしくお願いします。 (Mon, 03 Jan 2022)
とても寒いけどよく晴れた、この地本来・・・といった感じの今年のお正月。 毎日ウラヤマを歩き、体を動かすことを忘れず、ゆるっと本を読んで過ごしています。 「人新世」を再読しつつスペクテイターの最新号を並行して読んでいくと、いろいろな事が立ち上がっては消化されていきナカナカ愉しい読書体験。身になっていく感じがする。 他にもやはりポルトガルやイタリア、国内では熊野や四国など旅のあれこれについても。 店にはすっかり増えまくったフリーペーパーの類を整理するためにマガジンラック、レターラックなんかを少し増設するつもり。 明後日は新刊書店でものぞきに山を下りようかな?なんて思っています。 そうそう。 SNSで友達が・・・ 「面白いものを知っていたら、教えてください。 私にできることがあったら、声をかけてください。」 ・・・という表現をしていて、これはとてもいいなと。 早速本人に伝えつつ自分のHPなどの文言を一部変えてみました。 「・・・等承ります。」ってどうも、自分っぽくないじゃないか。「自分に出来ることがあれば声をかけてください。」の方がいい。 ということで。 声をかけてください。 今年もよろしくお願いいたします。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。2021.12.~coldmountainstudy的今月のピックアップ。 (Thu, 30 Dec 2021)
今月のピックアップ&ご挨拶。 どうやら今年も当地は雪の年末年始。 ゆっくり暖をとりつつ、本に向かいます。 みなさま来年もよろしくお願いいたします。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n249ce68c7a01
>> 続きを読む

上田・定番・新店。 (Tue, 28 Dec 2021)
先の週末の本屋巡りについて、書いてみました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n4df9ff19a2c0
>> 続きを読む

本のイベント、自分的これから。 (Tue, 21 Dec 2021)
ここ数回のイベント参加を通じ思うよしなしごと。 そろそろ自分から動かねば、と。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nc29979d93787
>> 続きを読む

「まちと本 vol.1」軽井沢「日々」! (Sat, 18 Dec 2021)
参加してきました! 軽井沢・発地市場先のカフェ「日々」内に併設されるまちライブラリーのオープニングイベント。 https://www.facebook.com/hibi.karuizawa/ とてもいい時間だった半面、持参したオススメ本など紹介しつつもう少しゆったり濃密な時間もよかったかな?なんて。 それでも十分すぎる内容。 その後も未訪だった佐久のまちライブラリー訪問したり。 よい本の一日になりました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

BRUTUS ~953 百読本  (Wed, 15 Dec 2021)
これが自分にとっての”年末のはじまり”ですかね。 BRUTUS恒例の年末最終号は本特集。 facebookの思い出機能を使ってみてみたら過去の12/15の投稿の半分以上がBRUTUSの本特集についての投稿でした。 今年も、輝くあの人のオススメの本。 うん、単にブックガイドじゃない世相を映すなにかこう。 じっくり愉しめそうです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

120年続く佐久の老舗書店が開いたブックカフェに行ってみた。 (Sun, 12 Dec 2021)
少し前からうわさは聞いていた・・・佐久・岩村田の老舗書店「大阪屋」が新たに開いたブックカフェにようやくお邪魔できました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nc4e692345bf0
>> 続きを読む

今年最後のちょっくら市! (Sat, 11 Dec 2021)
いってきました! やはり補充したいい本が出ていったなー、という印象。 やはり大きなイベントもいいですが身近な、知っている方々に本が出ていくのが嬉しいですね。 次は1月開催。出店が決まればまたお知らせします。 来週は軽井沢でまちライブラリーのオープニングイベントです。 https://www.facebook.com/events/211488557674002 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

整理、そしてこれから。 (Sun, 05 Dec 2021)
今日は少々疲れがたまってきていたこともあり、ちょっと放置気味だった作業に手を付けました。 仕入れてきた本を値付けして、仕分けして。 店の棚を整えました。 何がどう変わったの?という感じかもしれませんがやってる本人的には大きく変わっているんですね。とても新鮮、とても大事。 こういう作業、時間。たまには必要です。 気分がすっきりする。 そうすると不思議と体調もあわせて整ったりしますね。 次の12/11 JR小海駅アルル「えき横ちょっくら市」では今日並べた本も持っていきます。 旅とくらしのいい本が増えていますよ。 そして12/18はお声がけいただいて軽井沢でこんなイベントに参加します。 https://www.facebook.com/events/211488557674002 軽井沢にオープンする新しい「まちライブラリー」のオープニングイベントです。 https://machi-library.org/ これも愉しみですね。会場のカフェもとても素敵そうです。 https://www.facebook.com/hibi.karuizawa いずれは佐久地方のまちライブラリー連携して何か愉しいことができればいいですね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

えんぱーくクリスマス2021! (Sat, 04 Dec 2021)
行ってきました! えんぱーくでの出店は久々、ここまで大きなイベントでは初! 主にマーケット目当てのお客さんでしたが久々にえんぱーくで本屋(一箱古本市は初)は愉しかったです。 特に出店者の中にはわが寒村(しかも「不戦の像」が好き!)にいらしたことがあるという方も。知っているだけでも珍しいのに。 本屋的に印象的だったのは小学校高学年から中学生くらいかな?の女子のお客さん。 じっくりじっくり本に目を通して、じっくりじっくり考えて一冊を選んでいった子。選ぶ本が「おっ!」というセンスの良さで。 年齢問わずいい本を、時間をかけて選ぶ姿というのは嬉しいものですね。 帰りには少し仕入れも。本のイベントもだんだん開催数、戻ってきましたしね。 その辺を含めた雑感はそのうちnoteにでもまとめます。 いい時間でした! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

土曜日はえんぱーく。 (Wed, 01 Dec 2021)
今週土曜、12/4は念願かなって塩尻市民交流施設・えんぱーくでの一箱古本市にcoldmountainstudy参加します。 ・・・? たかが一つのイベント参加可否、なぜそれほどまでに大仰か? ようやく、なんですよ。 ”例の影響”より前はこのちょっと季節外れな感じ(大体ブックイベントは秋の終わりまで・・・なんですね。)のせいでどうも申し込みを忘れる。 ようやく申し込んだ昨年はそれこそ”例の影響”でイベント自体中止。 もう4年くらい待ってたイベントなんです。 この日は仲間たちも多く参加。 大変。 大変愉しみです。 その後年内最終は地元の小さなイベント小海駅「えき横ちょっくら市」で今年を締めます。 こちらは12/11 13:00~16:00・・・短め開催ですのでご注意を。 まずは今週末、久々の塩尻で! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

【地域人 第75号。】 (Mon, 29 Nov 2021)
待っていた雑誌が届きました。 知人が関わっていたり、興味のある本屋が取り上げられていたり。 なにより佐渡に「鳥越文庫」なる図書館があるのには驚いた。 何よりこの雑誌自体面白そうな特集が多い。今後フォロー。 調べてみると・・・ ”大正大学 地域構想研究所が毎月お届けする「地域人」は、地域創生に関する前向きで積極的な提言、鮮度の高い“生”の情報を平易な文章でお届けする「地域創生のための総合情報誌」を目指します。” ・・・とある。 他の記事・バックナンバーもほほう、となる。 いい出逢いかも。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む