2006.7.11~ http://coldmountainstudy.naganoblog.jp/

それ以前の過去記事はアメブロでご覧ください。   http://ameblo.jp/coldmountainstudy/

coldmountainstudy ~ BOOKSTORE みなみあいき

海の日はブルーベリー畑で! (土, 14 7月 2018)
うーん、予報によると3連休はとてつもなく暑くなりそうですね! でもここ、信州の短い夏。 本屋も野外出店で愉しんじゃいます。 7/16月曜、海の日は佐久穂町・JR小海線「羽黒下」駅至近の吉本ブルーベリー園で「MONDAY MARKET」。 ここではいつもの”旅と自然の本”に加え、ステキなフリーペーパーも数は少ないですが並べちゃいますよ。 東京・「本×小金井プロジェクト」さんの”よふかし文庫”・・・本とお酒にまつわるいくつかの小さなお話し・・・そう、本とお酒は非常に関係が深いですね。なんならオレが一冊分書こうか?ってくらい親密且つ愉しいテーマ。(笑) https://www.facebook.com/hon.koganei/ イヴェント当日はお酒にかかわる出店も多いはず。併せて愉しむ感じで手に取ってくれたら、と思います。 そして。 併せて愉しむ・・・と言ったら。 ウチの本と佐久のコワーキングスペース「iitoco!」の江原”えはらっち”政文さんとのコラボでイヴェント中、「Read for Action」・・・行動のための読書・体験版・・・コーナーを実施します! とてもお気楽な感じでユルユルやります。詳しい内容・開催時間は当日イヴェント中に発表となりますので是非、夏の田舎のステキな空間にお出かけ下さい! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

ALPSBOOKCAMP2018! (火, 10 7月 2018)
木崎湖、今年も行きます。 https://alpsbookcamp.jp/ ボクは7/21、土曜の朝イチ狙い。 今年はおまけに・・・帰路、松本に寄って昨年の一箱古本市で知り合った本屋さんに会いに行ったり、また行けなかった店に行ったり。 贅沢な週末にしたいと思います。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

閑日二題。 (日, 08 7月 2018)
うーん、もちろん岐阜以西とは比べようもありませんが天気もパッとしないしなんとなく乗り切れない週末です。 この時期になるとやはり外仕事が進まないって、もどかしさもありますしね。 こんな日は、本。 ・・・なんですが、こちらもどことなくヤサグレ加減。(笑) そいでもまぁ、行ってみましょう。 四角大輔。 彼の名前は、以前から知っていました。 ・・・フライフィッシャーとして。 有名な音楽プロデューサーであったり、ビジネス書出しているような人だとはつゆ知らず。 この本を見つけたときは彼のライフスタイルをなんとなく知っていることもあって「おっ!」とすぐに注文。 ところがですね。 スゴい勢いで売り切れなんですよ。これがまた。このご時世に珍しい。 ようやく届いたってぇんで期待して読みはじめました。 が。 正直、悪い内容じゃないと思います。いいヒントもあると思います。 ですが、むしろ感じたのは「この本が飛ぶように売れていくということは、心身ともにかなりマズい状態の人が自分の想像以上に相当多いのではないか?」ということ。 自分はそことはかけ離れたお気楽な毎日を過ごしているのですが(笑)そんな自分からするとやはり”普通なこと”が書かれているんですね。普通に。そんなことに苦しんでいる人がそんなに多いのか・・・。 最終的にそんな心配が上回ってしまいました・・・。 もう一方、木村元彦・オシムのコンビは相当強力です。 東欧を切り取る木村のペンもすごいですがオシムの・・・そう、あそこまで行くとアタマの良さ、とかじゃなく人間力ですね。 どことなく退屈なまま準決勝まで進んでしまったサッカーW杯も、あえてこの中で・・・といえば個人的にはクロアチア。タイムリー!と愉しんでいます。 さ、雨も上がったし少し外に出てみましょうか・・・。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

9/1 滝見の湯・新蕎麦祭り! (土, 07 7月 2018)
こちらは初出店。  あまり”村内メジャー”には登場しない当店ですが、村内随一の有名スポットに初登場です。やはり村内の方にも本を、という思いは常にありますしね。 当日主に蕎麦を振る舞うのは地域おこし協力隊の隊員さん。 移住者であるボクはやはり協力隊さんのような方は応援したいと思う気持ちが強いわけですよ。 なにより、わが寒村の蕎麦は美味いですよ。本当に。 https://www.facebook.com/events/539054303163050/ http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

8/4 桐原建設summercraft! (土, 07 7月 2018)
今年も原点のイヴェントに出店します。 寒村の仲間の大工さんの小さなイヴェントなんですが、毎年大変な熱量を発しております。 思えばどこか愉しいところへ出かけていって本を並べる・・・ボクにとっては原点のようなイヴェントになりますね。 ”本と地域”、という自分にできる貢献のようなものを見出そうとしていたのかもしれません。 そう、だから寒村の片隅の小さなイヴェントではありますがとてもいい本を並べてお待ちしています。 https://www.facebook.com/events/235686050363201/ http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

BRUTUS 873 (水, 04 7月 2018)
博多! いい街ですねぇ。 ワクワクするんです。美味いモノも多い。敏感なクリエイター/ビジネスパーソンも博多を目指してるようですよ。 一度しか行ったことがないんですがこれだけ記憶に残る街もない。(ローマくらいか?) 本屋的にも面白いです。 http://www.n2nsoft.com/3875/ こんなイヴェントも! http://bookuoka.com 考えてみればわが信州からも飛行機一本ですね。 http://www.matsumoto-airport.co.jp http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

吉本ブルーベリー園 MONDAY MARKET! (火, 03 7月 2018)
【7/16 9:00~14:00  吉本ブルーベリー園 MONDAY MARKET】 佐久穂町のブルーベリー園でマーケット! 当日は青空の下思わずイッパイ呑りたくなるような本をもってお邪魔したいと思います。 ボクは参加できませんが夜のお食事もステキなようですよ? http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

みなみあいき冒険キャンプ! (日, 01 7月 2018)
梅雨明けとともに。 寒村のアツいイヴェント「みなみあいき冒険キャンプ」の季節がやってきました。 昨年からスタッフの一員・・・釣りのコーチ・・・として参加させていただいているのですが今年はワンランクアップ、本屋としての自分ともコラボということで、参加してくれたキッズへの記念品の一つとして本を贈らせていただくことに。 いつぞや頭を悩ませていた選書はコイツです。でもまぁいい選書が出来たんじゃないかな?と。 自分がそうですが体験と本は、ともにある。どちらか一方じゃなくね。 そんな風になってくれればな、と思ってます。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

TRANSIT・・・Portugal! (水, 27 6月 2018)
内容濃い・・・特に写真・・・海外の旅雑誌と言えば「TRANSIT」。 http://www.transit.ne.jp 今回は個人的に前々から惹かれていたポルトガル特集。 うーん、いい雰囲気。 やはり日本との付き合いも長いだけあって日本人の我々が馴染みやすい何かを持っている国なのですかね。 時折しもサッカー・ワールドカップ期間中。先日の隣国・スペインとの激闘の記憶も新しいし。 釣り好きとしては釣竿のグリップ等に使われる高級コルクの産地としても。 愉しめました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

時代と、料理。 (土, 23 6月 2018)
いや、ジツにいい本でした。 その時代に流行っている料理に関する本・ドラマ・料理研究家。 その辺りを通じて料理に対する人々の意識、好みを炙りだす。時に「ああ、懐かしい・・・」なんて感覚も。 時にその意見は辛辣にも。しかし根底には食卓を大事にしようと言う思い。 結論としての著者の主張はやや弱いのかもしれませんがアイディア自体がいい。 巻末の参考文献集だけでこれは、保存の価値ありですね。 料理が好き、料理が大事な生活で・・・心からよかったと思います。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

久々・ほぼ日。 (木, 21 6月 2018)
いや、久々にひっぱり出して読んでみましたがやはり面白かったです。 もちろんネタ的に古くなっている部分はあるのですが、面白さの”キモ”の部分はそう変わらない。色褪せていない。 ボクも店のHPなんとかしようかな、と思っているところで。 刺激・参考になります。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。 18.6. ③ (火, 19 6月 2018)
さて、今月の新刊はこれで終わりかな? マイクル・コナリーの文庫最新作のオビには「ボッシュ、最期の事件」の文字が。 ・・・そう、シリーズの主人公刑事ハリー・ボッシュ。 ・・・もう定年なんですね。(笑) これから先どんなふうにシリーズが続いていくのか? はたまたコレで終わりなのか? 読むのが愉しみです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

くらもと古本市2018! (土, 16 6月 2018)
行ってきました、1年ぶりの諏訪の町。 予報以上に天気にも恵まれ、途中本屋仲間とも顔を合わせたり気分のいい蔵めぐり。 テンション上がっているせいかいい本との出会いも多く、結果恥ずかしいくらいの戦利品の数・・・。 今日は”こども店長”・・・息子にも決まった予算を渡し、工夫してできるだけたくさんほしい本を買ってごらん・・・なんてトライアルも。 結果、息子大興奮。 どうやらいいトライアルだったようです。 行きかう本好きの人達も、みんな笑顔。 今年もいい時間を過ごせました。 今年も。 ・・呑めなかったのだけが心残りなのだけれど。(笑) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

今週は諏訪・「くらもと古本市」! (水, 13 6月 2018)
もはや恒例となった信州を代表するブック・イヴェント「くらもと古本市」が今年も始まります! http://kuramoto.valuebooks.jp/ https://www.facebook.com/kuramotobookmarket/ うーん、今回も魅力的なお店がやってきますね。 松本「栞日」や「おんせんブックス」さん辺りとても愉しみです。 昨年の例で行くと秋開催はなくなってしまったのかな?とするとこの4日間、出かけないわけにはいきませんね。 ボクは16日朝から出かける予定です。 みなさま会場で是非! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。 18.6. ② (月, 11 6月 2018)
さて、文庫をさらに。 今回はcold'sっぽくない2冊を。 木村元彦。 すっかり読まなくなってしまったサッカー関連。W杯開幕前の便乗出版・・・と思うなかれ。 木村の東欧事情を絡めたサッカー・ルポはナカナカ面白い。 さらに東欧のサッカーと言えば外せないイビツァ・オシム。 サッカー論云々以前に人間力にやられます。こんな偉大な方を犠牲にしてでも保身を試みた人間が日本のサッカー界にいたことは本当に恥ずべきです。 そして元・チャットモンチーdr.高橋久美子のエッセイ集。 以前パラッと読んで「おお!」と。 これがナカナカ面白いんですね。 同時に、思い当たりました。 自分がチャットモンチーに感じた”面白さ”の大半は彼女由来のモノなのだな、と。 残念ながら彼女が脱退した後のチャットはあまり聴かなくなってしまいました。 (チャットモンチー自体最初は、好きじゃなかった。当時欧州サッカーで流行していた人種差別コール”モンキーチャント”に響きが似ていたから、という凄くふんわりした理由なんですが・・・。) ちなみにこの本、帯はba.のあっこちゃん。解説はgu/vo.の橋本えっちゃん。どんだけ内輪なんだ・・・。(笑) でも意外な思いが綴られていたりそれもまた愉し、です。 次回はALPSBOOKCAMPに並ぶ、信州が誇るブックイヴェントについて。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。 18.6. ① (金, 08 6月 2018)
今月も、文庫・新書を中心に。 吉田篤弘を選ぶときはいつも、”なんとなく”ですね。今回も。 そしたらなんとなく選んだ前回の「つむじ風食堂と僕」がちくまプリマー新書のシリーズ第200号、今作が300号だそうです。 なんだか得した気分ですね。(笑) これからの梅雨時、なんとなくふんわり読書を楽しみたいときに読むつもりです。 クラカワーの山の本、はきっとハズレなしでしょう。 高いところ・頂上をを目指す山の愉しみ方はすっかりしなくなってしまいましたが、やはり山の本は愉しいのです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

選書中・・・そして「これからの本屋読本」。 (土, 02 6月 2018)
先日、思わぬところから選書のお仕事をいただき取り組み中。 得意分野での選書なのですがこれがナカナカ難しい。 しかし好きな本、好きな分野。幸せな時間でもありますね。コツコツ進めていきたいと思います。 そんな作業の合間の息抜きに、と「BRUTUS 871」CAMP&HIKE特集。 いや、こういうのはやはり専門誌の方が・・・とか思ってしまいがちなのですが、逆に専門誌では取り上げてくれない視点とかあるんですね。 それが面白い。 そして、愉しみにしてた本が今日届きました。 内沼晋太郎の本屋論は今まで結構読んできて、出尽くしてるのかな?という感じもしたのですが本屋仲間達こぞって絶賛。 そういえば先日訪れたブックカフェのカウンターの彼も読んでたな・・・なんて思うとやはり読んでしまうのです。 いい気付き・アイディア、あるといいなあ。 ・・・。 ・・・全然アタマが休まらない・・・。(笑) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

本・映画・・・上田ぐるぐる。 (水, 30 5月 2018)
今日が見たい映画があって上田へ。 もちろんそれだけでなく「nabo」「コトバヤ」など行きたい本屋も全部巡る旅。 なかでも数か月ぶりの復活となる「まるさんかくしかく堂」はちょっとしたハイライト。 仕入れの内容も大充実。 上田、やはり本好きにとっては最高の町です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書棚から。 18.5. ③ ~そして、韮崎の戦利¥ (月, 28 5月 2018)
さて、5月ももうすぐ終わりですね。 先月何気なくブックマーク・・・しといたらまさかの売り切れで入荷を待っていた文庫本がようやく、入ってきました。 四角大輔。 正直彼を知っていたのはあくまでフライフィッシャーとして、であってこんなビジネス書を書くような方だとは全く思っていませんでした。 NZの森の中で自然派の暮らしを営みつつトラウト・フィッシングを愉しんでいる方・・・とだけ。 そんな方の本が売り切れになるほど売れるなんて一体どういうことだ!?と。 余談ですが日本のトラウト・フィッシング・シーズンを過ごした後NZに渡りトラウト・フィッシングと言うサイクル・・・要するに、一年中フィッシング・シーズン・・・というのは日本のトラウティストの憧れでもあります。  島時勝彦は相変わらずのピリッと辛口、オッサン的オシャレエッセイ。 どうせ毒ずくならこんなオシャレ感伴う感じでいきたいですね。 そして先日の韮崎のイヴェントでの戦利品。 本田直之は普段ビジネス書読まないボクのお気に入り。単にビジネスでなくシンプルなライフスタイルにつながってるところがとてもいい。 八百屋は・・・美味い野菜を育てている人には事欠かない当地です。 何らかの新しいカタチを提示するヒントになればいい、と。 そしてなんといっても!が「リトル・フォレスト」の原作コミック、です。 今年の正月だったかな?民放BSで映画を放送していてこれは!と思っていたのですが先輩書店諸氏みなコミックのがいいよ!と。 読んでみると確かに構成含め、コミック面白いです。より書き手のメッセージが伝わる感じ。これはメッケもんですね。(coldmountainstudyはジツはマンガも大好きです。) ・・・といろいろゴチャゴチャ書きましたが。 今月もいい本に恵まれて幸せ。 ということですね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

夏の終わりの山の風 アコースティックフェスティバル (月, 28 5月 2018)
我が寒村のキャンプ場、立原高原キャンプ場 http://www.minamiaiki.jp/tatehara.htmで8/25~26に開催される音楽イヴェントに、本屋として参加させて頂けることになりました! https://www.facebook.com/%E5%A4%8F%E3%81%AE%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E5%B1%B1%E3%81%AE%E9%A2%A8-%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%90%E3%83%AB-219609558596976/ 自分の村内で開催されるイヴェント・・・しかも”新しい力”・・・に参加させて頂けるのは素直に、嬉しいですね。 8月末の立原高原と言えば早くも秋の雰囲気も。 気持ちのいい森のなかで音楽が流れて、そんな中本を読む。 ナカナカいい時間だと思います。 もしですよ?万が一本が一冊も売れなくたって森のなかBGM付きで本が読めるわけでしょう?(笑)最高ですよ。 ひょっとしたら家族キャンプも含めちゃうかも!泊りならお酒も呑めちゃう。(クルマで移動が基本の本屋業、出先で呑めないのが大変キツいです。) まだまだイヴェント本番までは時間がありますので、追っていろいろと情報発信していこうと思います。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

さぁ!

選挙ですね。早速投票を済ませてきましたよ。

あとはスッキリと、古本屋巡りです。

0 コメント

天気のいい日は・・・。

大分蒸し暑くなってきましたね。しかしここ高原、日蔭はとても快適。

ワタシもウッドデッキにデッキチェアと本を持ち出して、読書です。

ヴィレッジバンガード・・・とても参考・刺激になります。

当地のような地方では小さな本屋より余程面白い本が揃っていたりしますね。

さ。そのヴィレッジバンガード、久々にのぞきに行ってくるかな。

0 コメント

待望。

前からラインナップに加えたかった好著、ようやく入荷しました。

ブースは特に人気ですよねー!

0 コメント

本は本屋。

ジツは先週、チョイとしたケガをしてしまいまして。

動き回る訳にもいかない今週末、買い物や家の片づけくらいで大人しく過ごすつもりだったんですがそこはそこ、本は本屋。

買い物ついでに立ち寄った書店で興味深い2冊など。

「越後三面山人記」コレはスゴい!山形・新潟県境にかつて存在した三面川流域の山村の四季・暮らし。失われてしまった集落の暮らしだからこそ感じる凄味と寂寥感。


梨木香歩の「エストニア紀行」は完全に興味本位。人気女流作家、何故エストニアなど小国を選んだか?そこから。

ちなみに女史の代表作「西の魔女が死んだ」映画版のロケ地は近隣・清里なので親近感が・・・ないことはないのですが、撮影スタッフの態度が最悪だったので大嫌いです。(笑)


あとは何と言っても!・・・これは帰宅したら勝手に届いていたのですが(笑)・・・Patagoniaのカタログ最新版。今回はフィッシング特集なので冒頭のドラドからどこを切ってもドキドキです。


相棒は「つまんなーい」って言ってましたけどね。(笑)

0 コメント

快調・しかし難しい・・・。

今日は佐久・小諸方面で仕入れ。

快調に面白い本が充実していきます・・・が、仕入れはやはり難しいですねー。

自分が欲しいもの何でも買えばいいワケでもないし、買うにもタイミングがあるし。

なんて、仕入れが快調だった日だからこそこうして振り返る余裕もあるのですけれどね。(笑)

8月には仲間のイヴェントに出店します。詳細はまた改めてお知らせしますね。

0 コメント