2006.7.11~ http://coldmountainstudy.naganoblog.jp/

それ以前の過去記事はアメブロでご覧ください。   http://ameblo.jp/coldmountainstudy/

coldmountainstudy ~ BOOKSTORE みなみあいき

9/19~9/25休業します。 (火, 18 9月 2018)
9/19~9/25臨時のお休みをいただきます。 メール返信・商品発送等9/26以降となりますのでご理解ください。 ちょっと旅に出てきます。 今時は旅の間も容易にwebはチェック出来るのですが敢えて、それはせず。 代わりに旅の相棒を4冊ばっか選んでみました。 歩く旅のための本。”日本語に飢えたら開高健”もちゃんと入れておいて、と。 それではみなさま、まことに勝手ながら。 1週間後にまたお逢いしましょう。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

よしだのまちの一箱古本市! (月, 17 9月 2018)
今年は出店できないかな?と思ってた山梨・富士吉田のイヴェント、10/6土曜日のみ参加できることになりました! しかも今回は「ハタオリマチフェスティバル」の中のコンテンツ、「よしだのまちの一箱古本市」として開催です。 http://hatafes.jp/bookevent/ 当日はもちろん旅&自然中心の選書・・・ですが今までと違った並べ方にトライしてみようかな?なんて思ってます。 みなさんとお逢いできるのを愉しみにしています! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

loppis! (土, 15 9月 2018)
予想通り雨に予定を左右される週末。 こちらみなみあいきも雨の為小学校の運動会・順延、みなみあいき冒険キャンプのイヴェントも中止・・・。 ついでに、「じゃ、雨なら行ってみるか・・・」と思ってた”ロッピス上田”も大部分中止。 http://loppisueda.jp/ しかしスタッフさんから「出せる店はnabo店内で出します!」と力強いお言葉。 却って混雑しないだろうしいいか・・・と運動会中止でエネルギーを持て余す息子を引き連れ行ってきました。 や。 全然混雑してました。(笑) よかったよかった。愉しみにしていた人たちがかわいそうですもんね。 ボクも逢えなかった出店の友人もいるもののいろんな方々に逢えたし、いい本も手に入ったし。 息子も手渡した”仕入予算”で納得の仕入れが出来たようで大満足。 その要因・・・Valuebooks Labのアウトレットセール! あれヤバいですね!もちろんボクもせっせと購入。また人の少ない落ち着いた日に出かけてみたいな。 出かけてよかった、雨の休日。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

今、読んでいる本。 (木, 13 9月 2018)
本屋仲間のfacebookの投稿に触発されて。 雑誌以外で。 大体こんな感じで版型を変えて数冊、テーマも出来るだけかぶらないように同時進行・・・が基本です。 真ん中の新書にどうも今期への悔いのようなものを感じますね。(笑) いいな、コレ。 今後も時々upしていきます。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

残悔。 (月, 10 9月 2018)
昨日、ゆるっとウッドデッキに出て・・・ 「今年もウッドデッキで本を読める時間は残り少ないなぁ」 とか 「釣りに行けないならせめてこんな本でも読むかぁ」 とか。 ・・・ものの見事に失敗しました。逆効果。(笑) うーん、釣りに行きたい! 村田久の釣りの話は反則だな。面白すぎる。 夢枕獏の序文もまた、いいんだ・・・。 考えてみりゃこの前に読んでいたのが、湯川豊。(釣りの本じゃないけど。) ・・・未練タラタラじゃないか・・・。(笑) 2018年千曲川水系閉幕まで、あと20日。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。 18.9. ② ”食”雑誌二題。 (金, 07 9月 2018)
9月発売の「dancyu」と言えば、毎年恒例の肉特集ですね。 典型的な肉食人種であるボク、こればかりは毎年買ってしまいますね。他の特集だと「行く機会無い店だしね・・・。」と消極的なこともしばしば。 なのに。 肉特集だけは今数えてみたら7年連続・・・このシリーズだけは、店頭にはいつまでも並びませんよ?(笑) 第二特集の「築地の三十七皿」がまた、いい。 こちらも期限付きの愉しみですもんね。 そして「spectator」は食堂特集。 あまり知られていませんが「spectator」は長野県産の、優秀な雑誌ですよ。「KURA」や「komachi」だけじゃない。 http://www.spectatorweb.com/ ALPS BOOK CAMPでスタッフの方とお話ししていたら前号・つげ義春特集の売れ行きがナカナカ好調との事。「表に出ないだけでつげ義春好きなヒト、いるんですよねー。」と。 この食堂特集もテーマが違うだけで、視点はいっしょ。店主さんたちのフィロソフィに寄っているのでなにも食べるだけの話じゃない。 面白く読めます。 もちろん、両方とも。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。 18.9. ① イタリア。 (火, 04 9月 2018)
さて。 今月後半には待望のポルトガル遠征が待っていますが、イタリアへの想いも止まりません。 奇しくもイタリア・かつ女性の書き手つながりと言うことで、2冊。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

不思議な一冊? (火, 04 9月 2018)
うーん、なんだろう? 面白くないわけではないのですが、「間違ってないんだけど、そこではないんだよ。」と。 不思議な読後感の一冊となってしまいました。 ジツは「里山資本主義」もピンとこないですしね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

滝見の湯・新そば祭り! (日, 02 9月 2018)
いってきました! 天気が心配でしたが、雨も風も心配程ではなく。 谷筋沿いの快適な風が時折吹くいい気持ち。 仲間たちと愉しい時間を過ごせました。 そうそう。 村の蕎麦オーナー様によると今年の玄蕎麦は4・5年ぶりの上出来だとか。 確かに美味かった・・・! 我が寒村の温泉施設「滝見の湯」では温泉施設とは思えないほど美味い蕎麦が食えますよ。 是非お出かけください。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

日本一早い”新蕎麦まつり”! (木, 30 8月 2018)
先週に引き続き、土曜日は南相木村内での出店です。 村の人気温泉施設で、新そば祭りです。 ジツはわが寒村の蕎麦、相当高いレベルの美味さ。ボクももちろん存分に味わうつもりです。 ついでに言うとイヴェント会場の「滝見の湯」の食堂の蕎麦は、温泉施設の食堂とは思えないほど美味いんです。 (チトお値段の張る”相木蕎麦”の方をご注文下さい。尚イヴェント当日は特別メニューのようなのでご注意を。) https://www.facebook.com/events/539054303163050/ coldmountainstudyは建物外、テント村でお待ちしていますよ。 あ。 なにやら誤植タップリのチラシもあるようですが、気にしないでくださいね。(笑) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

夏の終わり山の風 アコースティックフェスティバル2018  (日, 26 8月 2018)
いやぁ、失礼な言い方のなってしまうかもしれませんが・・・予想以上に愉しい二日間でした! わが寒村でこんなに素敵な時間を過ごせるということを、知っている住民が少ない。そんなことが悔しい。 気持ちのいい音楽に乗せた気持ちいい空気。 しかも山好き・アウトドア好き・・・という人達、予想以上に本好きな方が多い! 様々な刺激を得て帰ってきました。 これは・・・また!ですね。 次回は当店ももちろん、レベルアップして。 願わくば、村の人ももっと巻き込んで。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

週末は立原高原! (木, 23 8月 2018)
さぁ、今週末からはわが寒村内での出店2連発。 まずは立原高原キャンプ場「夏の終わり山の風 アコースティックフェスティバル」です。 https://natsuowa.wixsite.com/info 25日がライブ・26日はワークショップです。イヴェント自体は入場無料ですがキャンプ場の利用料(入場料¥300など)は発生いたしますのでご注意を。 http://shop.asama-de.com/b/tatehara/nwse/ 台風の影響がどうか?ですが基本的には夏の終わりの高原の爽やかな空気のなか、快適な音楽をBGMに本を読める素敵な時間なはず。 当日coldmountainstudyはタープ下にチェアを何脚か用意しますので、チョイ読み等にご利用ください。 ちなみに横のテントではセラピストであるウチの相棒がGLA・リフレクソロジーの施術を行いますので併せてご利用いただければさらに快適。 そうそう、昨年大変評判の良かったあのフリーペーパーも入荷しましたので今週末から配布を開始しますよ。もちろん、早い者勝ち。 写真にチョイっと写ってる本も当日は棚に並ぶ予定です。 では当日。 高原でお待ちしています。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。 18.8. ③ 旅本の定番。 (火, 21 8月 2018)
さて8月最終便は旅本の定番です! カベルナリア吉田。 出逢いは数年前、イタリアからの帰路飛行機の中で読んだ「沖縄の島へ全部行ってみたサー 」(朝日文庫)。 ・・・あまりに軽快・ポップに面白い! おかげでせっかくのイタリア旅行なのに帰りの飛行機でのことはこの本の事しか覚えていません。(笑) 専門は沖縄・・・島旅。また旅のツボを心得ていていちいち頷けるんですよねー。 今回は、島の居酒屋で呑む!がテーマ。 個人的に一時期島旅にハマっていたことがありましてこれもまた、愉しめます。 相変わらずフザけ過ぎてるけど。(笑) カベルナリア吉田・・・”かべっち”は新潟日報の夕刊にもコラム連載中。こちらはしんみりタッチ、且つ旅のツボは抑えていてまた面白い。 個人的に単行本にならないかな・・・なんて思っているのですけれど。 facabookで読むこともできます。是非。 https://www.facebook.com/cavelnaria0911/ そして! チェックし忘れていた河出文庫からも一冊。 池澤夏樹の書評を読んで以来気になっていた本。 すみれ色の青空と澄みきった大気、遠くに揺らぐ花のようなキリンたち、作物を食べつくすイナゴの群れ、鉄のごときバッファロー。風と合体し、土地の色と匂いに同化したものだけが、ここでは生きのびられる。北欧の高貴な魂によって綴られる、大地と動物と人間との豊かな交歓。 (池澤夏樹世界文学全集解説より) これが文庫で読めるなんて、いい時代なんですね。きっと。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

最終釣行へ。 (日, 19 8月 2018)
9月いっぱいでシーズン終了となる長野県・千曲川水系での釣り。 いろいろな予定もありボクの最終釣行は8月中になりそうです。 そこで今日は川のロケハンに、イメトレ。 川で過ごせる残り少ない時間、満喫しようと思います。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

盆を過ぎれば・・・。 (金, 17 8月 2018)
お盆休みを終えて。 本当にいきなり涼しくなってしまったここ高原。 移住当初は本当に盆の終わりとともに寒いくらいに涼しくなって面食らったものですが、ここ数年はそう極端でなく。 しかし今日は本当に涼しい・・・イヤ寒いくらい。ウッドデッキに出てヘッデンで読書・・・は、もう無理ですね。 北海道・大雪山山系では初雪も観測したとか。 いろいろと予定に縛られているようで、ナカナカ内容の濃い盆休みでした。 しかしそれらも終わり、日常へ。 さ、呑みましょう。 呑んで明日からも、愉しみましょう。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

「アルプ」。 (火, 14 8月 2018)
盆休みに入って毎日午後から雨になるもんで、思いのほか本が読めています。 今日は池内紀編集の山の雑誌「アルプ」のアンソロジィを。 辻まこと・上田哲農・畦地梅太郎・西丸震哉・・・味わい深すぎる執筆陣。 山頂を目指すだけでない・・・コース説明もギア特集もない、広告すらない不思議な山雑誌、「アルプ」。 ヒトと山の接するところ・・・あたりからいい道をつないで歩く。そんな感じが大好きです。 もちろんリアルタイムでは接していないのですが、そんな雑誌が300号も続いたことに感心しますね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

昨日は本当に・・・。 (日, 12 8月 2018)
昨日は本当にいつもと違う町へ行っていつもと違う本屋でいい出逢い。 前から読みたかった本も読み終えられたし。 casaBRUTUSの本特集。 これが思わぬ出来のよさで。 今月は文庫・新書のハズレ月・・・と思いきや雑誌のアタリ月であったか!不覚! 角幡唯介の方は・・・。 一言でいうと・・・”アタマおかしい人が集まってる本”。(笑) 角幡の対談・エッセイ集で読んだことがあるものも多数だったがこうしてズラッと並べられると圧巻!の一言。 特にノンフィクションライターの先輩としての沢木耕太郎の存在感はサスガ。 いい読書時間、過ごせてます。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。 18.8 ② 本の旅。 (土, 11 8月 2018)
先月末、同日発売された本屋さんを巡る本2冊を。 「日本の小さな本屋さん」・・・すでに本屋仲間の間で絶賛されている本。 とにかく写真がいいですねー。写真を中心にお店のストーリーや紹介を絡めて”行ってみたい!”と思わされるいい本です。 長野県からもいつもの上田「nabo」「コトバヤ」さんに松本「栞日」、長野善光寺「遊歴書房」と4件も登場。 なんだかうれしいですね。それと同時に”まだまだあるぞ!”とも言いたくなる。 長野はいい本屋多いね・・・なんて共通認識になってけばいいですよね。 そして「旅する本の雑誌」・・・これはボクにとって大事な一冊になってきそう。 「本の雑誌」はボクの”基本”の一つ。もう老舗の域ですよね。 本屋を巡る旅・・・これはもう立派に一つの方法。立派に成立する良い旅のプランなのだな、と再認識。 もちろん旅先で本屋に入るのはとても愉しいし、そこで買い求めた一冊はいつまでも記憶に残る。 執筆陣も特集もヒジョーに幅広い。いつまでも愉しめる”本と旅のガイドブック”ですね。 さ、今日からお盆休み。 せっかくなのでどこかいつもと違う町の本屋にでもでかけてみますか。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

夜のピクニック。 (水, 08 8月 2018)
普段は読まないような小説を、読んでみました。 恩田陸。 高校生活最後の行事、夜通し行われる長距離歩行・・・。 夜通し語り合うという要素と、スポーツ的要素も重なり合い・・・。 その頃・その時期にしかできないハナシが山盛りです。 キュンキュン来るヤツです。青春です。 ここらですとお隣、山梨県・甲府一校の”強行遠足”が有名ですね。 https://matome.naver.jp/odai/2144495006531697801 何故にこんなボクに縁のなさそうなテーマに手を出したのか。 ジツは。 あったのです。 友人の高校に。その高校では「夜間歩行」ってタイトルだったかな? そことの違いに興味を持って。 ・・・違い? そう。 友人の高校は・・・。 ・・・男子校だったのです。 キュンキュンきません。(笑) 彼らなりに思うところあったのだろうな、と。(笑笑) なんてったって彼らの代から2年後、その学校は共学校になるのです!そりゃあもうその思いは・・・。(笑) ちなみに、この小説は・・・面白かったですよ。アオハルです。 この手の小説と言えば個人的には川上健一だったのですが、それに並ぶアオハルさです。 蛇足ながら。 長距離歩行と言うスポーツ・・・にはちょっと足りない行動を体験したものにしかわからないの心情・体調の変化も、ナカナカ上手く書かれていましたよ。 いいなぁ。 この頃。 今ではもう、決して手の届かない・・・。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。 18.8. ① 雑誌2題。 (火, 07 8月 2018)
おっと買うの忘れてました! 「BRUTUS 875」は2度目の居住空間学。しかも再生編・・・リノベ特集。これは参考になりそう。 廃校の特集、いいですねぇ。各地で廃校・・・”空き箱”は増え続けているわけですからね。 そのカラミで幅允孝さんと内沼晋太郎さんの対談も登場します。そこがまた本屋的には面白い。 「dancyu」はスパイスカレー特集。 ルーを使ったいわゆる”ニッポンカレー”でなくスパイス中心の新たなカレーの流れ・・・こう暑い夏にカレーの特集はやはり惹かれます。 (個人的にそういうスタイルのカレーのが好きです。) 第二特集は博多・・・これも先日の「BRUTUS」からの流れで、面白い。大好きなお店も登場して。 そうそう、「dancyu」は別冊の「技あり!dancyu おつまみ」もタイヘン面白いです。 タフなコンディションですから、せめてメシと酒はモチベーション上げる要素の一つでありたいですね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

さぁ!

選挙ですね。早速投票を済ませてきましたよ。

あとはスッキリと、古本屋巡りです。

0 コメント

天気のいい日は・・・。

大分蒸し暑くなってきましたね。しかしここ高原、日蔭はとても快適。

ワタシもウッドデッキにデッキチェアと本を持ち出して、読書です。

ヴィレッジバンガード・・・とても参考・刺激になります。

当地のような地方では小さな本屋より余程面白い本が揃っていたりしますね。

さ。そのヴィレッジバンガード、久々にのぞきに行ってくるかな。

0 コメント

待望。

前からラインナップに加えたかった好著、ようやく入荷しました。

ブースは特に人気ですよねー!

0 コメント

本は本屋。

ジツは先週、チョイとしたケガをしてしまいまして。

動き回る訳にもいかない今週末、買い物や家の片づけくらいで大人しく過ごすつもりだったんですがそこはそこ、本は本屋。

買い物ついでに立ち寄った書店で興味深い2冊など。

「越後三面山人記」コレはスゴい!山形・新潟県境にかつて存在した三面川流域の山村の四季・暮らし。失われてしまった集落の暮らしだからこそ感じる凄味と寂寥感。


梨木香歩の「エストニア紀行」は完全に興味本位。人気女流作家、何故エストニアなど小国を選んだか?そこから。

ちなみに女史の代表作「西の魔女が死んだ」映画版のロケ地は近隣・清里なので親近感が・・・ないことはないのですが、撮影スタッフの態度が最悪だったので大嫌いです。(笑)


あとは何と言っても!・・・これは帰宅したら勝手に届いていたのですが(笑)・・・Patagoniaのカタログ最新版。今回はフィッシング特集なので冒頭のドラドからどこを切ってもドキドキです。


相棒は「つまんなーい」って言ってましたけどね。(笑)

0 コメント

快調・しかし難しい・・・。

今日は佐久・小諸方面で仕入れ。

快調に面白い本が充実していきます・・・が、仕入れはやはり難しいですねー。

自分が欲しいもの何でも買えばいいワケでもないし、買うにもタイミングがあるし。

なんて、仕入れが快調だった日だからこそこうして振り返る余裕もあるのですけれどね。(笑)

8月には仲間のイヴェントに出店します。詳細はまた改めてお知らせしますね。

0 コメント