2016.7.11~ http://coldmountainstudy.naganoblog.jp/

それ以前の過去記事はアメブロでご覧ください。   http://ameblo.jp/coldmountainstudy/

coldmountainstudy ~ BOOKSTORE みなみあいき

パタパタ16号きました! (水, 28 9月 2022)
佐久の農を楽しむ暮らしマガジン「patapata vol.16」入荷しました。 特集は「野菜をおいしく大量消費」・・・いいですねぇ、もう夏は終わってしまいましたが夏の間長野に暮らす方の多くがぶち当たる問題じゃあないでしょうか? 佐久の枠を飛び出して「やたら」が紹介されているのが嬉しいですねぇ。 こういう時にバックナンバーを取っておく意味を感じますね。 coldmountainstudyには「patapata」バックナンバー充実してます。希望のものがある時、また遡ってみてみたいとき・・・気軽にお声がけください。 今号でも本の紹介をさせて頂いてます。 また裏表紙はお友達の「絆美保工房」さんのハーブたち。 こんな素敵な庭造ってみたいよなぁ。なんて。 愉しみ方もいろいろなんです。 ぜひ手に取ってご覧ください。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

「ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。」 (Mon, 26 Sep 2022)
久々の読書感想文はちょっと”らしくない”?一冊について。 次は今月のピックアップか、イベントレポートか? ぼちぼちやります。 よろしくお付き合いのほど・・・。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n1cf8998b05e9
>> 続きを読む

2年目の茅野! (Fri, 23 Sep 2022)
行ってきました、今年で2回目・ブックフェスタの一部としての茅野駅自由通路古本市。 天候のせいか客足は昨年よりも少なめ、しかし出版社の方や大学教授の方、ブックデザイナーの方・・・と少しいつもと毛色の違う方々に多く接することができるのもこのイベントの魅力ですね。 欲を言えばもっと”茅野のひと”に広く、定着すればいいな・・・なんて思っています。一番近くの人に届き辛かったりするんですよね。こういう情報って。 ライブラリー&ストアとしてのウチの課題、でもあります。 この日のレポもまた改めて、noteに書きます。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

明日は茅野! (Thu, 22 Sep 2022)
明日はまちライブラリ主催の「ブックフェスタ2022」内の企画として・・・ https://bookfesta.machi-library.org/ JR茅野駅内自由通路での古本市に出店します。 チラシの段階よりも出店者さん増えているようですよ。 https://chino.hp.peraichi.com/2022 まだ2年目のイベントですが単に一箱古本市というワケではなく周辺でのトークイベント・ワークショップもあるため幅広い展開が期待できますね。 また明日も久々の本屋仲間達にあうことができそうで、そちらも愉しみ。 ただいま選書を終えましたが、coldmountainsudyの基本である旅と自然・ライフスタイルはもちろん外さず甲府の時よりも少し、移住を含めたライフスタイル寄りな感じでしょうか? 今回もいい棚つくって、みなさんをお待ちしています。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

夢のあと。 (Mon, 19 Sep 2022)
今日は昨日の戦利品含め最近の仕入れ本の片付け・整理などゆるゆると。 今後の準備につながるように。 またいい棚が創れそうです。 友人が送ってくれた写真・・・読売新聞の山梨版で取り上げていただいたようですね。多謝。 まだまだ今日は甲府に行った際恒例のお土産・山梨ウヰスキーなどすすりながら余韻に浸ります。 あ、ただ台風は注意。 呑み過ぎないようにしないと。 みなさまご無事で。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

【こうふのまちの一箱古本市・盛況!】 (Sun, 18 Sep 2022)
出店者もお客さまも「ひさしぶり!」の喜び全開! 雨もそう降らず(主催者晴れ男)ひっさしぶりに一日中本の話をして、帰りは行きよりはるかに軽くなった荷物に再度喜ぶ。(でもちゃっかり可能な限りいい本は仕入れたという。) やっぱり甲府は自分にとっては、特別と再確認した最高の本の一日。 ここでは写真にキャプションを。 イベント詳細はいずれアタマ冷えてからnoteにまとめます。 次は23日、茅野です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

明日は甲府! (Sat, 17 Sep 2022)
明日は甲府銀座商店街で4年ぶりの「こうふのまちの一箱古本市」に出店します。 もう昨日あたりから主催者さん、出店者さん・・・と連絡が行きかっていて、もう今の段階で愉しさバクハツしそうです。40店ほど集まったようですよ。 明日は台風の影響であいにくの天気・・・ですが予想より悪くなさそうだし、何てったって甲府銀座商店街は屋根付きアーケードだし、主催者さんは晴れ男だっていうし。 もちろん通りにある「春光堂書店」さんものぞいて欲しいし、フード&ドリンクも充実してます。AKITO COFFEEさんのエチオピア・アイスを飲みたいなぁ。 せっかくの休日も雨で・・・じゃあツマラないですよね。いい本を探しに来てください。 coldmountainstudyは「そろそろ何処かに行きたいよね!」ということで旅の本山盛りで出かけて行きます。 では明日。 甲府で! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

八ヶ岳高原ヒュッテ・森祭2022! (Thu, 15 Sep 2022)
昨年に引き続き佐久穂町・新駒書店さんのお誘いで八ヶ岳高原ヒュッテのイベントに本を並べさせていただきます。 ヒュッテ内「モリスカフェ」にて委託・展示販売。昨年より本のテーマは幅広く取ってみました。 今回は本当に新駒さんに任せっきりで恥ずかしいのですが、機会があれば本のラインナップ含め全体の雰囲気を楽しんでいただけたら。 ぜひのぞいてみてください。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

アリス・ウォータース ・ 海士の風 。 (Mon, 12 Sep 2022)
素晴らしいムーブメントに参加することができました。 アリス・ウォータース。 wikiを引用すると・・・ ”アメリカのシェフ、レストラン経営者、活動家、作家である。1971年にオープンしたアメリカ・カリフォルニア州バークレーにあるレストラン「シェ・パニーズ」の創業者であり、オーガニック、地元産の食材を使用し、カリフォルニア料理の先駆者として知られる。” 彼女の最新作「スローフード宣言」のサンプル本を4冊、入荷しました。 食べるものとのかかわり方、この先・・・を考える本です。 日本版の版元は「海士の風」という離島の小さな出版社なのですが、アリスの考えを重要と見た「海士の風」さんが起こす今回のムーブメント。 https://amanokaze.jp/ アリスの考えを大事なものと見て、それを拡げることを第一に考える。 小さな版元です、売り上げはもちろん大事でしょう。 その中で、このムーブメントです。 関連noteがコチラ。 https://note.com/amanokaze/n/n4ed8941a5295 本の内容を身近な人に伝えて欲しい。 だからサンプル本を4冊、無償提供するので大事な周囲につなげて欲しい・・・。 オーガニックに限らず”身近な食”は絶対に今後大事になって来ます。 そして自分が暮らす信州の寒村の生きる道もその辺りが大きなカギなのではないか?そんなことを考えています。 そう考える自分は迷わずこの動きに参加しなければ・・・!と参加表明。 結果、サンプル4冊が無事本日coldmountainstudyにもやってきました。 1冊はライブラリーの蔵書とします。いつでも希望される方が読めるように。 残りの3冊はもちろん「海士の風」さんの意思通りこの本のテーマを大事と考える方にお渡ししたいと思います。 特に条件は設けません。 欲しい!という方はご連絡ください。 基本的には先着順で3冊をお渡ししたいと思います。 そして手にされた方々と、ゆくゆく読書会をできればいいな・・・ともなんとなく思っています。いい時間になるはずです。 ご連絡、お待ちしています。 そして「海士の風」さん、ありがとうございました。 御社の思い、無駄にならぬようつなげていきたいと思います。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

冒険研究所書店! (Thu, 08 Sep 2022)
先日の大和市行きを、冒険家・荻田泰永さんの「冒険研究所書店」中心にまとめてみました。 また行きたいなぁ。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n170748eeff8b
>> 続きを読む

9月の出店予定&「Lantern vol.2」入荷! (Fri, 02 Sep 2022)
9月中のイベント出店が決まってきました! まずは9/18(日)「こうふのまちの一箱古本市」  https://beekmagazine.com/hitohako22/ こちらは4年ぶりの開催。自分にとっては本屋として”転がりだす”きっかけとなった大事なイベントです。 甲府の駅から少しだけ離れた岡島百貨店近くのアーケード街での開催。通りの真ん中に本屋さんが並びその両脇をお客さんが行く光景はナカナカの賑わい、いいものですよ。 次は同じ週、9/23(金)「茅野駅自由通路古本市」 https://chino.hp.peraichi.com/2022 同じ茅野駅ビル内にも展開するまちライブラリー主導の「ブックフェスタ」の一部としてのイベントになります。 茅野駅の改札を出て駅ビル方面・逆のバス停方面をつなぐコンコース通路に本屋さんが並びます。 発表されている本屋さんは少な目もまだまだ出店者募集中。(甲府もまだ募集中です。) 今秋は一気にいろんな本のイベントが帰ってきて。 これから本屋に・・・またはちょっとやってみようかな・・・な方まで。 愉しむ機会がすごく開かれているんです。 https://brutus.jp/bookstore_newwork/ 一緒に本屋、やってみましょうよ。 そしてそして。 佐久のハイクオリティ・キャンプマガジン(しかもフリーマグ!)「Lantern」の第2号が入荷してきました。 準備号含め3冊目ですがあくまで今号がvol.2。今回もハイクオリティですよ。 これからのイベントでももちろんライブラリでも無料で配布しますので、ゼヒ! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

寒山の書斎から。2022.8.~coldmountainstudy的今月のピックアップ。 (Thu, 01 Sep 2022)
恒例の月毎リストアップ、ようやく更新です。 8月は偶然見つけたいい本が多くてうれしい。 書きたいことお知らせしたいことが渋滞中ですが・・・今後、9月10月の出店予定・先日の大和市「冒険研究所」書店訪問記へと続きます。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n89325a0759df
>> 続きを読む

冒険研究所書店! (Sat, 27 Aug 2022)
家族の予定に含めて、神奈川県・大和市の「冒険研究所書店」にお邪魔することができました! 元々冒険家・荻田泰永氏の使用アイテム展示等ベースとなる場所だったのですが、現在は新刊・古書含め書店としての機能がメインとなっています。 人気の「1万円選書」も行っているようですよ。 詳しくは改めて、noteで書こうと思います。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

バリューブックスの本を、バリューブックスで買う。 (Mon, 22 Aug 2022)
上田市、バリューブックス。 https://www.valuebooks.jp/ 東信を中心とする信州人にとってはnaboを中心とする実店舗を展開する本屋さん・・・としてお馴染みかもしれませんが、元々はamazonへの出品が中心だった本屋さんなんですよね。 自分もamazonで本を探しているときにバリューの名前を見ると「お!」となってそこで発注することしばしばなのですが。 考えてみればすでに(自分も過去記事にしているように)「バリューの本はバリューで買える」んですよね。 探してみると、結構探していた中古本が多く出ている。 amazonの中古本出品状態にある「非常に良い」は大して信用なりませんが、バリューの場合実店舗で本を見たことがある。本の状態がいいのを、すでに知っている。これは現地人のメリットですねぇ。 そこで。 今回、遅ればせながら・・・あらためて試してみました。 ちょっと一般の流通には出てこなさそうな本。 一応バリューのサイトにもamazonにも両方出ていましたが、バリューのサイトの方が割安でしたね。当たり前か。 何よりも違うのは梱包状態。 amazonの梱包が・・・これはピッカー&宅配業者にも責はあるのでしょうが・・・大変よろしくないことは最近よく聞きます。 今回のバリューの梱包はとてもよかったです。これは今後も注視します。 地元企業応援!ではないですが。 やはり身近な優良企業(業者・販売者)を応援しよう!は今後さらに重要なテーマですよね。 なにより、自然なことと思いますしね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

東御市「問tou」へ。 (Sat, 20 Aug 2022)
久々に時間が取れたので、久しぶりにいい時間を。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nccffa97579e8
>> 続きを読む

夏休みの読書。 (Sun, 14 Aug 2022)
迎え盆も終わって夏休みをのんびり満喫中。 あれこれ予定を入れがちな夏ですが今年は比較的静かな夏。 ウッドデッキにタープを張って外で読書が気持ちいい。暑い夏、気候変動が叫ばれますがそこはやはり信州の高地、快適な時間が長い。 並行して何冊も読むのが自分のスタイルですが、とりあえずそんな中なら休み中読み終えた2冊をご紹介。 青木海青子 「本が語ること 語らせること」 (夕書房) 奈良・東吉野で「ルチャ・リブロ」を開く青木さんの著書。 海青子さん一人での著作は初めてかな?(もちろん文中、ご主人・真平さんの文も登場しますが。) 図書館を試みる者として非常に勉強になる一冊。 なにより読書・選書の幅がもう圧倒的に違う。ご夫婦で開かれていますのでそれだけでも単純に考えて2倍近い幅。 かたや自分は非常に偏った選書。それはそれで悪くないのですが”その中での幅”は必要かなと感じました。 利用者さんとの本を通じたコミュニケーションももっと取っていかなきゃなぁ。 もう一冊が・・・。 養老孟司・池田清彦 「年寄りは本気だ  はみだし日本論」 (新潮選書) 両氏による対談形式第三弾。環境問題が中心だったはずですがもはやそこから大きく逸脱。だからこんなふざけ気味のタイトルにせざるを得なかったのでしょう。 現代騒がれがちなトピックについて両氏の考えをざっくりと知ることができる・・・対談形式は深く踏み込んだ感じにはならなくても、いろんなことをざっくり知るにはとてもいいですね。気軽な入り口として機能している。 今回も「はっ」とさせられるところがいくつか。それだけでもいい一冊に巡り合えた、ってものでしょう。 その他にも最近増えつつある鴨長明の名作「方丈記」に関するものや自然・旅に関するもの、ナカナカ面白い現ラインナップなのですが、それはまたnoteを使って月末近くにまとめることにしましょう。 それではみなさまもよい夏を。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

うなぎパイ。 (Tue, 09 Aug 2022)
もらって、少し寂しいお土産。 銘菓「うなぎパイ」、食べるの久しぶりだな。 そして、彼への(今のところ)最後の貸し出しとなる本たち。 うなぎパイと民主主義。 一見無関係だ。 ただそこには固有の関係がある。無関係などあり得ない。 彼は本気でこれからをどうするか?に向き合ってきたと感じるし、ウチは本気でそれに応えてきたつもりだ。 自分がしたいことをできている、と感じさせてくれた最初の利用者さんが彼だろう。言ってみれば初めての仕事。これがウチの存在意義だ。 こんな場所をつくって本当に、よかったと思わせてくれる。 グッドラック。 きっと愉しい明日は拓けているよ。 また逢おう! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

モンベル 7つの決断。 (Sun, 07 Aug 2022)
先週、近隣・佐久穂町で開催されたmont-bell 辰野勇会長の講演会。 話の中で取り上げられた「モンベル 7つの決断」(ヤマケイ新書)をとりあげて、久々にパラパラやってみてます。 もちろん、時代が進むにつれて・・・のアップデートはされていますが、基本的な部分は講演を聴いた後の今、読み返してみても変わっていないですね。 そういえばいつか話を聞いた、もしくはTVで見た辰野会長も、先週佐久穂で見た辰野会長も全く変わっていない。 ケーナ・・・横笛・・・を吹きながらの登場も。 長い間、その場の必要な対応はしつつ基本駅な部分をちょこちょこ変えたりしない。本質は変わらない。 口だけでなくそんな姿勢を貫いている会社、人気と実力を併せ持つのも、納得ですね。 「モンベル 7つの決断」はライブラリーに在庫中です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

いってきました。 (Sat, 30 Jul 2022)
小海・ちょっくら市。 今回は出店の周辺をnoteにまとめてみました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n0bd746722ec8
>> 続きを読む

小海駅で本屋をするということ。 (Thu, 28 Jul 2022)
お報せが遅くなってしまいましたが、土曜日はJR小海線・小海駅横「アルル」内で開催される「えき横ちょっくら市」に本屋として出店します。 自分たちが長野に移ってきころ・・・最初は小海でした・・・最寄りにして唯一の本屋が同じ、小海駅横にあったんです。 この話はまた今度じっくり。 今はもうないその店と同じ場所で、自分が本屋をする。 ただでさえ近隣に本が出ていくことが大事、とほぼ毎回出せていただいているイベント。 場所にも何かこう、自分としては大事なものを感じるわけです。 土曜日も最近入荷した本、ライブラリー用からストア用にやってきた本たちを連れて10時から16時、小海駅横でお待ちしています。 そうそう、こないだmountain bookcaseさんに寄ったとき。 パリのシェイクスピア&カンパニー書店のトートバッグを購入してきました。 買い物やら着替えを入れるやら最近何かとトートバッグが必要で・・・ここは思い切ってカッコいいヤツを!と。 単にエコバッグ、と考えればそんなにいいものなんて要らないのかもしれない。 でも愛着のないんものをどんどん使い捨ててたらそれこそどこがエコバッグ?ですよね。 自分はいいものを長く使う方が好きです。 あわせて写真家の平野太呂さん主催の釣り同人誌「OFF THE HOOK」第2号も購入してきました。 https://brutus.jp/off-the-hook/ 釣りの読み物として単純に面白い・・・というのもあるのですが、平野太呂さん含め執筆陣に同世代が多いんですよね。ノリというか、共有できる経験も含め読んでいてスゴく気持ちがいい。 2つとも、いい買い物です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む