2016.7.11~ http://coldmountainstudy.naganoblog.jp/

それ以前の過去記事はアメブロでご覧ください。   http://ameblo.jp/coldmountainstudy/

coldmountainstudy ~ BOOKSTORE みなみあいき

【訃報・矢口高雄先生】 (水, 25 11月 2020)
先日20日、自分がライブラリー設立を目指す最大のきっかけとなった敬愛する漫画家、矢口高雄先生が永眠されました。 細かいことはここでは書ききれませんがもう矢口高雄は存在しないという事実と。 ギリギリでライブラリ設立の報告をすることができた、間に合ったという妙な安堵のような感情と。 ありがとうございました。 https://www.sakigake.jp/news/article/20201125AK0029/ http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

場所の問題。 (Mon, 23 Nov 2020)
昨日の出店で思うこと、アレコレをまとめてみました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n9c891171ba07
>> 続きを読む

まにまに古本市! (Sun, 22 Nov 2020)
行ってきました真田「まにまに」さんとのコラボ企画。 想像以上にいい天気・いい空気にみんな外で出店させていただいて。 お隣「ムスビ舎」さんはとてもいい感じ。ひっきりなしにファンの方々が訪れて。 https://www.facebook.com/musubisya.y 場所じゃないな、と改めて思いました。 いや、しかし気持ちい時間だったな。 次は12/5、塩尻えんぱーくのクリスマスです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

秋晴れの一日。 (Sat, 21 Nov 2020)
ワタシですね。 こう見えて(どう?)休日は起きて朝イチバン、家の要所要所掃除するキレイ好き。 毎回じゃありませんが今朝はライブラリも・・・と。 掃除を終えてコーヒーを、って時に今日のライブラリの予約のメールが入ってるじゃありませんか。 直接の因果関係はもちろんありませんね。 ただ、こういうのってやはりいい流れなんです。 その後もいい流れで時間は流れ続け。 明日は上田・真田で出店です。 https://www.facebook.com/events/2710865015844964 出店場所はもちろん真田自体初めての場所。 とても愉しみです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

【11/22・上田市真田】 (Mon, 16 Nov 2020)
真田の休眠不動産活用等の活動をされている「まにまに」さんにお話しいただきまして。 https://www.facebook.com/manimani.snd 手がけた不動産から発掘された本のマーケットとあわせてWeekendBookstoreからも出店をさせていただくことになりました! https://fb.me/e/g7cXlyQ8q WBからは・・・ ・coldmountainstudy ・かえるBOOKS ・積ん読屋 ・・・の3店舗がお邪魔して出店します。 ・・・かつ、我々も仕入れをしてしまうという素晴らしい循環イベントです!(笑) もちろん上田を訪れたなら「本屋未満」や「valuebooks lab」も訪れたいですね~。 https://www.facebook.com/honyamiman https://www.facebook.com/valuebookslab ちなみにこちらは真田地区ではなく、JR上田駅付近のエリアとなります。 晩秋の一日、真田でお待ちしております。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

水と土と。 (Sat, 14 Nov 2020)
最近の2冊。 水。 これは、前々から読んでみようと思っていました。 健康を考えるに。 自分が大きく体調を崩した際。 亡父の病中生活をみるに自分がいわゆる最先端の西洋医学に依るとはどうも考えづらい。 やはりより自然と思えるものへ依る、選んでいくと思います。 (まぁこういうのって何が正解・・・とかなくて最終的には個人のバランス感覚が決めていくもので、それが正解ということなんでしょうけど。) 自分にとってより自然なもの、となるとやはり基本は「水」となります。 この本には普段から水を活かすためのヒントがたくさん入っていると感じました。 ちなみに我が家、飲料水はもちろんトイレや風呂まで浄水が出るという不思議な家なのですが(笑)、石鹸・洗剤類をより自然なものに・・・という動きも重なってウチの浄化槽は「別荘並みにキレイ」と評価されました。 (浄水もただ”取り除く”だけでは、ダメ。そこらへん調べ始めるともうキリがありません。愉しいですよ。) つまり、そういうことなんだな・・・と勝手に思っています。 ちょっと個人的な話。失礼いたしました。 土の方。 やはりというか・・・疫病・免疫、この辺りのワードが頻繁に出だすと周期的に注目を浴びるのが土、のようです。 書店の棚を眺めてみても結構なタイトル数が並んでいたりしますね。 (おかしなことにない書店には全くない。なんなんでしょうね。自分が好む書店には結構多い。そういうバランスも好きな書店を決めるうえで大事な要素。) その中でも入門書的に使える、機能するのが最新号の「spectator」です。 http://www.spectatorweb.com/ さすが!な特集ですよね。 これを読むだけでも・・・例えば畑の土・・・通常間違いとされることがあながち間違いじゃない、なんてことがうっすら感じられるようになってきます。 価格も入門書として、お手頃。ここからいろんな本に広げていくこともできます。 オススメです。 (ともにライブラリー蔵書。) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

マルシェ黒曜・鹿ブックス。 (Sat, 07 Nov 2020)
前々からうわさに聞いていた・・・長和町の直売所「マルシェ黒曜」に本屋がある・・・鹿ブックスさんにようやくお邪魔できました。 下諏訪にある小道具店「ニンジンサン」の小道具とともに本が並んでいます。 http://naganolife.info/ninjinsan/ 選書は雑多に、幅広く。今日は3冊を仕入れました。 上田の「コトバヤ」さんも本を出しているようです。 https://www.facebook.com/kotobaya.net/ 直売所の商品もナカナカ幅広く面白かった。大好きなシャルキュトリーもありました。 https://www.jambondehimeki.com/ 冬の間、諏訪方面に向かうにはどうしても新和田トンネルが便利になる。途中寄る機会もありそうですね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

11月の書棚から。 ①~ 日本の小さな本屋さん。 (Thu, 05 Nov 2020)
正確に言うと発売は10月かな? NHK 「趣味どきっ! 本の道しるべ」でもお馴染み和氣正幸さんの「日本の小さな本屋さん」に続編が出ました。 うーん、今回のラインナップもいいですね。 必ず一度は行きたいと思っている店が結構入ってて、さらに行きたくなりますね。 時々「本屋ばっかり行って楽しい?なんか違うの?」みたいなことを訊かれますが、そりゃ楽しいから行くんですよねぇ。(笑) 自分の周りを囲む本が違えば本屋ひとつひとつ、違った空間になって当たり前。 まだまだ行きたい場所、たくさんです。 まだまだ元気で動けるようにいなければならないな。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

「 私とは何か 「個人」から「分人」へ 」 (Tue, 03 Nov 2020)
”本当の自分”問題。 読むつもりのなかった平野啓一郎、ナカナカ面白かったです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nc4f95bc67f16
>> 続きを読む

富士見町・mountainbookcase! (Sun, 01 Nov 2020)
韮崎・アメリカヤから富士見町に移転再オープンしたmountain bookcaseさんにはじめて行ってきました! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/n3d0ad79d048e
>> 続きを読む

10月の書棚から。 ② ~開高健 (Fri, 30 Oct 2020)
最近開高健のエッセイ等の再編・再考察等よく出ますね。 たしか最近では河出文庫からも出ていたか?まだ内容はみていないのですがほとんどのエッセイは読んでいるからな・・・。(でもいつかこれも買ってしまう気がします。 笑) 今回はサントリー・寿屋つながりで以前読んだ「洋酒天国とその時代」(ちくま文庫)が面白かった小玉武の文庫新刊を選びました。 サントリー、「洋酒天国」・・・濃厚でアツい時代の物語。 そんな時代を濃厚にアツく生きた人達の物語は知っていてもまた惹きこまれる。 愉しみです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

北軽井沢・軽井沢・本屋巡り。 (Mon, 26 Oct 2020)
気持ちいい秋の、本の一日。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nc0546176f0b5
>> 続きを読む

10月の書棚から。 ① ~阿古真理  (Sun, 25 Oct 2020)
インターナショナル新書(集英社)から阿古真理さんの新刊を。 クックパッド・ニュースの連載をまとめたもの。 阿古真理さん、肩書からして「料理研究家」でなく「生活史研究家」であるところがポイント。 その時流行っていた食べ物とその背景を並べて、考察するだけでまぁなんと面白い読み物になることか。 雑誌・コミック・TV番組・その登場人物・・・懐かしいだけでなく食生活の今に至るまでどんな役割・意味合いであったのか? 面白いですよ。 今回は平成から令和だけですがこの本を読んで面白い!と思う方は必ずその横にある「昭和の洋食・平成のカフェ飯」(ちくま文庫)も面白い。 あわせてお楽しみください。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

ヘンリー・ソロー。 (Sat, 17 Oct 2020)
ソローと言えば「森の生活」。 確かに名作ですが自分が好きなのはコッチかな。 ソローは「森の生活」だけでは、ないのですよ。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

秋田より・・・。 (Sun, 11 Oct 2020)
秋田より、先月発売の一冊が届きました。 秋田魁新法・・・秋田の日刊紙・・・の連載をまとめた、矢口高雄が自らの軌跡を語る”ききがたり”型の本。 矢口高雄のエピソード自体は「ボクの学校は山と川」などで再三語られているわけですが、本人の語り口調がまた違った感じでとてもいい。 わが寒村での講演会を思い出す場面もいくつも。 本人お気に入りの一編は「そうきたか!」という感じ。 もちろん口絵や挿絵もスバラシイですし、最後の横手市増田マンガ美術館の大石館長の結びのことばはグッときます。 当然「矢口文庫」に収録して、読んでいただけるようにします。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

東御で、本の時間。 (Sat, 10 Oct 2020)
台風のおかげでとれた時間。 いい時間になりました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nad6b1f48700a
>> 続きを読む

そしてdancyu、そして本屋のこと。 (Tue, 06 Oct 2020)
前々記事よりBRUTUSとコラボ企画のdancyuも。 今暮らしてるの山の中ですからね。直接的に役立つ情報ではない。 でもやはり愉しいんですね。 かつての呑みあるいた日を思うだけでなく、仮想酒場として機能している。(笑) 両誌編集長のほろ酔い対談もいいですねぇ。名酒場のレシピも。レシピ重要ですね。宅呑み派には特に。 酒愛でなく、酒場愛です。 ソトコトは、正直好きな雑誌ではないんです。 でも、今回は山梨のイベントで一度ご一緒した本屋愛溢れる方が自分の店をひらく・・・なんて記事を中心に、本屋としていいヒントがあるかな、と。 coldmountainstudyでも配布している「読点magazine」を発行した彼女。(まだ若干数在庫あります。) 開業に向けてのクラファンも実施中。ぜひ応援を! https://readyfor.jp/projects/touten-bookstore いい本屋は、あって困るものじゃないですもんね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

【えんぱーく・10/4】 (Sun, 04 Oct 2020)
行ってきました! 8/1の10周年イベントに比べると大分人出も盛んな感じ。 本を介するお話しいろいろ、愉しめました。 次回は11/7、またもう少しレベルアップしてお届けできるかと思います! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

BRUTUS 925&PEN 505! (Fri, 02 Oct 2020)
10月、まずは気になる雑誌から。 BRUTUSは酒場特集。 dancyuとコラボなんですね。お互いに「BOOK in BOOK」が入るという趣向。 酒場、行かなくなって久しいですね。クルマ社会から一番遠いところにある。 仕事帰り、フラりと立ち寄る酒場。 全く不満のない長野の山暮らしですがここだけは少し寂しい、かな。 でも酒場特集の雑誌や本、TV観ながら勝手に愉しむのも得意になってきたかな。(笑) PENは仕事特集。 こんな環境になって、働き方・・・また考えることが多いですね。 本屋というやり方に出会って、選んでもう以前ほど迷いはない働き方ですが考えが止まることは無いですね。 常にヒントは探しています。 それくらいでちょうどいい。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路
>> 続きを読む

たばこのこと。 (Thu, 01 Oct 2020)
今日、ちょっと雑誌を見に寄ったコンビニで思ったよしなしごと。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy@gmail.com  coldmountainstudy  店主:鳥越将路 https://note.com/mtorigoe/n/nbff5d3117c32
>> 続きを読む