2006.7.11~ http://coldmountainstudy.naganoblog.jp/

それ以前の過去記事はアメブロでご覧ください。   http://ameblo.jp/coldmountainstudy/

coldmountainstudy ~ BOOKSTORE みなみあいき

「Pen no.452」 軽井沢・・・そして明日は韮崎。 (金, 25 5月 2018)
近くに住んでいるとつい億劫な感じがしてあまり出かけなくなってしまうのが、軽井沢という町です。 しかし本当にいい場所・面白い人・・・まだまだ知らないことばかり。 待望の新刊書店もOPENしたことだし、また出かけてみようか。 https://pikyosama.exblog.jp/29796908/ そして明日は韮崎駅前(ショッピングモールと逆側です。)「アメリカヤ」5Fでイヴェント出店です。 きっと魅力的な本に出逢えますよ。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

本があれば淋しいこともこわいこともありません。 (火, 22 5月 2018)
急遽・今週土曜・・・お隣山梨県ですが。 当初はいけない感じだったステキなイヴェント。 主催者の方に「行けることになったよ!」とお伝えしたら「どうせなら出店すれば?」と。 トリゴエ飛びついて、coldmountainstudyとして第一部に出店させていただくことになりました。 周りは自分がどんな本屋ならできるか?なんて考えて居た頃参考にさせていただいた方ばかりで。 なんだかワクワクしてきました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路 https://www.facebook.com/events/227477994655108/
>> 続きを読む

雨後の・・・。 (土, 19 5月 2018)
行ってきました、別所温泉「芝生deマルシェ」! 雨上がり、最高の空気のなかいい時間を過ごせましたよ。 仕事と言うよりバカンスと言うかレジャーと言うか。 この場所、とてもいいです。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

別所温泉・芝生deマルシェ! (金, 18 5月 2018)
さて、明日は上田は別所温泉で出店です。 以前お知らせしたとおり、ラン&ウォークイヴェントとのタイアップ。 http://www.sports-fitness.co.jp/event/?id=1520492292-993355 心配された雨も過去の予報よりグッとマシに。 ウチではちっさいのがボク以上に楽しみにしてたりして。(笑) それでは明日をお逢いできるのを愉しみにしています! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書棚から。18.5.  ② (木, 17 5月 2018)
お次は先月買い逃したものを中心に文庫3冊。 H・マンケル。 無くなって数年になりますがまだ未訳作は残ってます。 これは刑事クルト・ヴァランダーシリーズのスピンオフ作、と言うことになるのでしょうか? ヴァランダーのシリーズもの以前の”エピソード0”的な若かりし日のお話など、連作短編集。 太田和彦はもう安定の大定番といったカタチで。サンデー毎日の連載ですね。 もう一方の”酒呑みの雄”吉田類との棲み分けも何となくできてるのがオモシロい。 カラー文庫で写真も愉しめます。 そして開高健・・・正直、開高のエッセイで読んでないのなんてほとんどないのですが(笑)つい手に取ってしまいますね。 再読のいいキッカケにもなるし。 編集が小玉武なので(サントリーの流れの方です。)山口瞳のベストも出ている。 こちらも読まないと、ですね。 次は結構人気らしくなかなか手に入らない新作文庫(大変珍しい発売後すぐに入荷待ち!)や、先日甲府でご一緒させていただいた南陀楼綾繁最新作から発見した一冊、などを。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

寒山の書棚から。18.5.  (年数経ってきたので書棚シリーズ改題。) (日, 13 5月 2018)
ようやく手元に届きました! モンテレッジォ! ”イタリア・トスカーナの山深い村から、本を担いで旅に出た人たちがいた。 ダンテ、活版印刷、禁断の書、ヘミングウェイ。 本と本屋の原点がそこにある。” (表紙より) ・・・うーんこれだけで面白そう。 なにしろこちらも山村から文化を発信できるなんて面白いじゃないか!と本を載せて(ボクはジムニーですけど)アチコチうろつく日々。 惹かれないワケがありません。 さっそくパラパラやってみると、思ったより歴史寄りな感じではなさそう。歴史ものやや苦手なのでありがたい。 その上写真がいい雰囲気。 永久保存バイブルとなる可能性、大。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

芝生deマルシェ~ 別所温泉・5/19! (土, 12 5月 2018)
さ。 来週の土曜日は上田・別所温泉で出店です。 芝生deマルシェ・・・上田電鉄・別所線タイアップのランニング&ウォーキングイヴェントの・・・ゴール地点で本屋さん。 http://www.sports-fitness.co.jp/event/?id=1520492292-993355 走り終わった後、ゴール地点で人は本を欲するのか?(笑) 別所温泉での出店自体初めてですが、とにかくいろんな点が興味深いイヴェント。愉しみです。 そうそう、この日は久々”こども店長”も出店みたいですよ。 さっき屋号決めて看板やらなんやら作ってましたから。(笑) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

こうふ後日談。③ ~最終便 (水, 09 5月 2018)
やはりいい写真ばかりですね。 https://www.facebook.com/beekmagazine/posts/773979722792260 TOKYOBIKEのレンタル・サーヴィスにアフターのトーク・イヴェント、とてもよかったです。AKITOCOFFEのICEDはやはり美味かったし。 特に柳下&南陀楼のトーク「本があるから」・・・「本」を他の単語に置き換えるとどこまでもいってしまいそうな。 今回もステキな出会いがいっぱい。 ボクは一箱が主な目的で本屋をやっているわけではないんです。正直。 でもこうふは既に自分にとってとても大事なイヴェント。 これはもう、次に期待してしまう気持ちを抑えられないですね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

こうふ後日談。②~メディア露出 (火, 08 5月 2018)
そして当日の様子は山梨NHKでもOAされたようです。 主催者・土屋ナイスガイ誠さんのインタビューの後方にみなみあいき代表、ほんのり写ってます。(笑) http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20180506/1040002480.html 余裕が無くて写真が取れなかった当日のcold'sの様子も併せて、記録のために。(本屋仲間から頂いた写真です。”BOOKS無芸大食”さん(スゲー名前だ。 笑)多謝!) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

こうふ後日談。① ~戦利品 (火, 08 5月 2018)
さ、一箱出店と言えば売り上げよりもむしろその他の要素が大事ですね。 「売り上げよりも打ち上げ」という名言を吐いた本屋さんもいます。(笑) その中の一つがやはり戦利品・・・他の本屋さんから自分用に買った本達です。 お客さんの少ない古本市なんて売った本より買った本のが多いなんておっかない事態も・・・。 今回はですねぇ・・・相当自制しましたよ。(笑) やはりお客さんより前に本屋が本買っちゃうのもなぁ・・・なんて思いもあったり。 結果イヴェント終了前に他の本屋さんを廻った時には目当ての本は売り切れ、なんてことも。 特に今回の甲府はスゴイ賑わいでしたからね。(3軒隣の「シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々」はフライングしてでも買っときゃあよかったかなぁ・・・。) それでは今回の戦利品をご紹介。 尾道は今回偶然にも隣り合わせで出店、一緒に楽しくお仕事させていただいた南陀楼綾繁さんから。 お隣のよしみ、ということでオマケしてもらえました。(笑) こういうチトゆるい感じも一箱の魅力ですね。(ボクも若い人限定でオマケしちゃう本がジツはあります。今回もしました。) ガケ書房も読みたかった一冊。 ”本屋の本”はやはり勉強になる以上に面白くて大好き。福岡のキューブリックや荻窪のTitle・・・このあたりは読んだのですがガケ書房はまだでした。コレは背中合わせに左後ろの”いぬBOOKS”さんから。(甲府の常連さんです。) そして今回の目玉は何と言っても・・・ジョン・ミューア! 2軒隣、いつか紹介させていただいたとってもお手本にさせていただいている先輩”mountain bookcase”さんの箱に並んでいたのを、朝からずーっと見つめていました。(笑) この平凡社のアメリカン・ネイチャー・ライブラリーはいい本揃い。いつか欲しかった。 ちなみに県内だと軽井沢の「coffeehouse shaker」さんで読むこともできますよ♪(shakerさんは良書揃いです。) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

こうふのまちの一箱古本市! (日, 06 5月 2018)
ゴールデンウィーク最終日、天気は最高。 人出も出店数も最高!ナント当店のお隣は「ミスター一箱」南陀楼綾繁さん! 大変忙しくも、愉しい一日になりました。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

明日は甲府! (土, 05 5月 2018)
さ、明日は「こうふのまちの一箱古本市」です! 天気は最高なようですね!恐らく信州から出かけると暑いくらいでしょう。 (昨年のイヴェントである本屋さんに「南相木の人はみんなTシャツなんですか?」と聞かれたことがあります。 笑) アフターのトークイベントにフード出店(AKITOCOFFEEのアイス・エチオピアがまた飲みたい!)等周辺も大充実。 詳しくは・・・ http://beekmagazine.com/feature/koufuhitohako/ or・・・ https://www.facebook.com/beekmagazine/ coldmountainstudyは何時もの通り”旅と自然とメシと酒”な感じでみなさんをお待ちしています。 では明日! (写真は昨年の”森のなかの一箱古本市”より。) http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

BRUTUS 869 家について。 (木, 03 5月 2018)
今日は何となく掃除ついでに家のプチ模様替えを。 増築しているライブラリ・スペース&オフィスの部分のイメージを・・・と買ってきたBRUTUSの最新号もインテリアの特集だったりして。 春だし、気分も盛り上がるし・・・と。 やはり新しい部分は新しい部分で大事なのですが基本となる今ある家の部分を大事にしなきゃ、ですよね。基本を大事に出来なきゃ新しい部分だって大事にできっこない。 ついでに家について、もう少し。 最近まで読んでいたスモールハウスの本もそうなんですが、ミニマリスト寄りの考えの一つに「家を最小限のサイズにして、メンテナンスの煩わしさからも解放されよう」的なことがよく書かれているんですよね。 これはボクは、ちょっと違うかな?と思うんです。 最高の遊び道具である家のメンテナンスを怠ってどうするんだ?と。 まぁボクはバランス的に元々ミニマリストではありませんし(本だらけなわけですから。 笑)遊び道具は大好きなタイプです。新し物好きでもコレクターでもありませんけど。 著者の方々の言いたいことももう少し、別のところなんだとは思うんですけどね。 家。 考える・造る・愉しむ。 どれも最高です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

4月の書棚から。 ③ (月, 30 4月 2018)
ゴールデンウィーク、と括ると忘れがちですが今日で4月も終わりですね。 今月最後は新書のご案内。 角幡唯介。 先日NHKでも「極夜行」の冒険のレポートをやっていましたがやはり彼、考え方が何か違う。 その考え方に至るまでの過程を自ら紐解くのがこの本です。大変わかりやすいし(彼文章本当に上手い。時々複雑になりすぎるけど。)現代の商業冒険に対する違和感も大分スッキリします。 そして玉村豊男は長野県の地域おこしモノですね。 モトネタは、これ。 https://tazawamura.co.jp 正直、この手の本は今・・・玉石混交ものすごく多い。 そしてわが寒村を含め地域おこしが必要と思われる、もしくは必要と思い取り組んでいる(その熱量に違いはあれど)自治体は数多い。 ってか地方はほとんど、か。 目指す人にとってヒントになる本は、どんどん読んで紹介していこうと思います。 そして店頭に並べる、もしくはライブラリに並べる・・・いろんな方法を考えて発信していければいいですね。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

ゴールデンウィーク! (金, 27 4月 2018)
さ、明日4/28からゴールデンウィークってヤツですね。 連休最終日の5/6が次のcoldmountainstudy出店日になります。 こうふのまちの一箱古本市・・・この方も、やってくるようですね! https://beekmagazine.com/feature/koufuhitohako/ 古本市終了後のトークショウ。もちろんボクも見に行きますよ。 愉しみになってきました。 そうそう、5月は19日の土曜も上田・別所温泉で出店します。 こちらもおいおい紹介していきますね。 ではみなさま、良い休日を! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

4月の書棚から。 ② (火, 24 4月 2018)
お次は、文庫。 村上春樹。 小説は正直苦手なのだけれど、紀行文は嫌いじゃないです。 パラパラやってみるとお酒も絡めてポートランドやトスカーナなど個人的に惹かれる地名も。コレは読んでみるしかないでしょう。 そして、高村友也。 スモールハウス。 アメリカでも人気で、彼の地のTV番組が民放BSでも放映されていますね。 ただ単に小さな家に暮らす、ということではなくそこからの考察がこれからの世相を反映しているようでジツに面白い。何をもって幸福・自由とするか? 自ら”Bライフ”(高村言うところの)を実践している著者ですが今回は海外の実例なども幅広く。 ちなみに3坪という単位にも、ちゃんと意味があるのですよ。 いずれも愉しみな今月の新刊です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

アースデイin佐久! (土, 21 4月 2018)
初出店でしたが天候に恵まれ、大盛況。 愉しい一日となりました。 年は変わってしましましたがホンブロックの冊子も多くの人のもとに旅立って。 なにかこう、いい本が必要としている人のもとに旅立ったな、という感じです。 こういう感覚を覚えてしまうとやはりもう本屋は、止められないですね。 いい一日でした。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

明日は「アースデイin佐久」! (金, 20 4月 2018)
さ、明日は初出店となる「アースデイin佐久」です。 一応アースデイを意識した選書をしてみましたがさて、どうなることやら。 天気は良すぎるくらいなようで、それだけでどこかほっとしますね。 明日は佐久平でお逢いしましょう! http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

もうseason7! (木, 19 4月 2018)
長野でも今日から観れるみたいですよ。正確には明日か。 SBC 25:02~です。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

POPEYE 853 ニューヨーク退屈日記。 (火, 17 4月 2018)
特別ニューヨークに惹かれている・・・と言うわけではないのですが、魅力的な街の”退屈日記”はやはり、面白いのです。 もっとほかのヨーロッパの街で・・・とも思うのですが、やはり監督の”本家”に遠慮したのかな? ローマ・パリ・ロンドン、もっと小さな街でもいい。南米・ブエノスアイレスとかもいいなぁ。 やはりそれもまた読みたいですよねぇ。 http://www.coldmountainstudy.com/ coldmountainstudy  店主:鳥越 将路
>> 続きを読む

さぁ!

選挙ですね。早速投票を済ませてきましたよ。

あとはスッキリと、古本屋巡りです。

0 コメント

天気のいい日は・・・。

大分蒸し暑くなってきましたね。しかしここ高原、日蔭はとても快適。

ワタシもウッドデッキにデッキチェアと本を持ち出して、読書です。

ヴィレッジバンガード・・・とても参考・刺激になります。

当地のような地方では小さな本屋より余程面白い本が揃っていたりしますね。

さ。そのヴィレッジバンガード、久々にのぞきに行ってくるかな。

0 コメント

待望。

前からラインナップに加えたかった好著、ようやく入荷しました。

ブースは特に人気ですよねー!

0 コメント

本は本屋。

ジツは先週、チョイとしたケガをしてしまいまして。

動き回る訳にもいかない今週末、買い物や家の片づけくらいで大人しく過ごすつもりだったんですがそこはそこ、本は本屋。

買い物ついでに立ち寄った書店で興味深い2冊など。

「越後三面山人記」コレはスゴい!山形・新潟県境にかつて存在した三面川流域の山村の四季・暮らし。失われてしまった集落の暮らしだからこそ感じる凄味と寂寥感。


梨木香歩の「エストニア紀行」は完全に興味本位。人気女流作家、何故エストニアなど小国を選んだか?そこから。

ちなみに女史の代表作「西の魔女が死んだ」映画版のロケ地は近隣・清里なので親近感が・・・ないことはないのですが、撮影スタッフの態度が最悪だったので大嫌いです。(笑)


あとは何と言っても!・・・これは帰宅したら勝手に届いていたのですが(笑)・・・Patagoniaのカタログ最新版。今回はフィッシング特集なので冒頭のドラドからどこを切ってもドキドキです。


相棒は「つまんなーい」って言ってましたけどね。(笑)

0 コメント

快調・しかし難しい・・・。

今日は佐久・小諸方面で仕入れ。

快調に面白い本が充実していきます・・・が、仕入れはやはり難しいですねー。

自分が欲しいもの何でも買えばいいワケでもないし、買うにもタイミングがあるし。

なんて、仕入れが快調だった日だからこそこうして振り返る余裕もあるのですけれどね。(笑)

8月には仲間のイヴェントに出店します。詳細はまた改めてお知らせしますね。

0 コメント